苗場山

メンバ:進藤

12月30日に苗場山を目的地として、行動しました。
結果は神楽ガ峰手前の小ピークで引き返し、
敗退となりました。(想定通り?当然?)

天気は何とか晴れで高地としては普通の風速。

数十cmの降雪の後であり、ワカンで登ってみることに
しました。

スキーのトラックの後を登るが、それでもワカンが雪に埋まり、
スキー組には簡単に追い抜かれ、結局、
スノーシュー組3パーティと交互にスキーのトラックの
後をラッセル。

かぐらスキー場のトップから中ノ芝まで2時間かかり、
そこから県境沿いの神楽ガ峰手前の小ピークまで
1時間くらいかかりました。(標準速度の1/2の遅さ)
スキー場トップ:9時出発で小ピーク着:12時くらいでした。

小ピークから苗場山は見えましたが、最後の登りはここから
見ても簡単に登れるような気はしませんでした。

ということで、ここでスキーに履き替え、谷に滑り降りると
粉雪の吹き溜まりや雪崩が怖いので、登ってきた尾根を
30分くらいで滑り降りました。

神楽が峰

※写真はかぐらスキー場トップから神楽ガ峰方面を撮影したものです。
3月以降はさらに写真左上までリフトで登れます。

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

茂倉岳

メンバ : 鹿山、金澤、原、松島、入江、倉澤

最近若手に何時抜かれるのかと、不安な毎日を送る倉澤です。
12月19日に茂倉岳を登ってきました。

天気はドッツピーカン
12月の上越国境では珍しいのでは。
雪山2回目の松島さん、初の入江には願ったりでした。

fc2 1
太田を5時に出発し、茂倉新道登山口を7時半スタート。
前日も降雪があったらしく、ワカンは付けるまでもない、膝下程度の積雪。
ノントレースを登り、暑いので衣類を脱いでいると後続3人組パーティに抜かれる。
矢場の頭までは交互にトレースをつけるも、矢場の頭より上は3人組のが早いため、トレースをありがたく使わせて頂きました

SANY0036.jpg
雪山はじめての入江は途中までは順調に登る。非難小屋手前付近で足にかなり疲労がたまってきたのだが、気合根性魔法の白い粉(金澤さんから頂きました)でパワーアップしてました。
矢場の頭から上部もまだ笹が見え、今年も雪が少ないようです。

fc2 3
非難小屋で小休止し、頂上へは12時半ごろ着。360度の大展望を楽しみました。

fc2 4
集合写真(一人足りませんが・・・)

後は勝手知ったる下山道を下り、15時30分に車につきました。

帰りは岩の湯に行って、歌麿でトラッカーに混じって食って、散会となりました。
お疲れ様でした

谷川岳

メンバ : 阿久津、原口、鹿山、玉水、進藤、石井、青木、漆原、原、松島(初登場)、倉澤


最近書き手が増えて、久しぶりにブログを書く倉澤です。
12月12日に毎年恒例の谷川岳へ。
会の冬山準備山行&新人さん訓練です

人数なんと11人
こんな大人数は初めてです。。。

fc2 1
予定は西黒尾根を登り、12時の時点で引き返すプラン。
新人教育がありますんで、無理をせず、ゆったりとしたペース

鉄塔の上あたりから山肌は雪化粧になり、今シーズンの雪山が始まったなあと、しみじみ思ってしまいました。
鎖場の手前でアイゼンを履き、ここから二班に分かれて移動。自分は新人さんと
青木さん、松島さんは初めての雪山でしたが、鎖場も難なくこなし、順調に進みました。

fc2 2
ラクダの背を過ぎ、次に出てくる鎖場を越え、ちょっと行った岩場でタイムリミット。
そこで休憩していると先頭パーティが降りてきました。懺悔岩までとの事です。

fc2 3
全員で帰路につくも、ラクダの背にきた時に、厳剛新道がノートレースだったのを見つけ、全員一致でそちらへGO
某先頭者は雪を蹴散らしながら、ハイテンションで下っていきました。

初冬の厳剛なら雪が少ないので危険が少なく、また入る人がいないので、西黒より楽しめそうです

帰りに上牧温泉に入って帰りました。 

黒岩

12月11日 黒岩
メンバー:原口 漆原 小川 入江

DVC00065_convert_20101214214706.jpg


気温もこの時期にしては暖かくクライミング日和。

今回二度目のクライミングの入江と小川が一人静かと岳友会とオケラと夏子に挑戦しました。

朝一、一人静か、漆原さんリード、小川ノーテンクリア。




そして漆原さんにトップロープを張ってもらい岳友会です。

DVC00074_convert_20101214213547.jpg


入江ルート途中で左にそれてセミになり撃沈。何度も落ちながら結局上までいけず。

漆原さん「入江君とは仲良くやっていけそうだな。」

小川核心でセミになりかけ、足プルプルしだすも、なんとかノーテンで岳友会トップロープでクリア。

漆原さん「小川君とは仲良くなれなそうだ。」




続いてオケラです。ここでも漆原さんに張ってもらいました。隣でイプシロンにトライしていた石川さんと原口さん。

DVC00094_convert_20101214214337.jpg

入江またしても落ちたが、上まではいく。これはもう一度やればノーテンで行けると思い二回目の挑戦するも、ツルっと右足を滑らし敗退。

小川なんなく上までノーテンクリア。




次はピラミッドフェイスでの懸垂下降。海猿気分でしたが怖かった。手袋買わなきゃ。




そして最後は夏子です。

DVC00108_convert_20101214214822.jpg

石川さんにトップロープを張ってもらいました。ありがとうございました。石川さんはすぐに鶴に向かいました。

入江のリベンジ。前回は上まで行けなかったので、今回は上まで行きたい。
核心で落ちたものの、なんとか右の方にあるガバをみつけ、上まで行けました。核心で腕の力を使い切り核心後も大変でした。次はノーテンでいきたい。

小川核心でその日の初落ち。漆原さんかなり嬉しそう。落ちはしたが、かかとを使った技で核心突破し上までいく。

夏子の回収での原口さんのファンキーなのぼりっぷりがすごい。

気が付いたら暗くなりはじめ、4時半でした。充実の一日でした。

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいします。ありがとうございました。






獅子岩(子持山)マルチピッチルート

2010.12.6

メンバー:漆原
      内田君(伊勢崎山岳会)

空は快晴で12月とは思えないほど暖かで最高のクライミング日和のなか、子持山の獅子岩にチャレンジしてきました。

パートナーは平日休み仲間の内田君です。

PC060228_convert_20101207182050.jpg


前日、原口さんからアプローチ等の情報を教えてもらい正味1時間足らずのアプローチですが、二子山での失敗もあり慎重にルートファインディング。

が…尾根沿いの登山道に入り教わった道とはちょっと違ったみたいです。
CAGDKNAL.jpg
アプローチから見えた獅子岩です。


CAVO27IH.jpg
獅子岩1P目、つるべの先行で1P目は漆原のリードです。通常2Pにきる様ですが、60mロープに余裕があったので繋げてのリードとなりました。

2P目は内田君のリード、ミッフィ岩??巨大なフレークの上まで。

3P目、途中でセミに…。腹下の支点からビビって足が決まらない…。
こっそり、腹下のヌンチャクをつかんで一休み

気を取り直して一気に立ち込んで何とかクリア。この辺が核心だったかも。

4P目、通常の5~6Pを繋げて終了。ここも難しかったような気がしますが、内田君が上から「結構壁も寝てるし、ホールドも豊富ですよ。」とのこと…。

いやいや。君のガバは俺にはカチですから…。

頂上からの眺めも良好でした!

PC060236_convert_20101207182538.jpg

柴崎ロック

2010.12.5
メンバー:原口・小川・漆原(太田山岳会)
    石川さんファミリー・茂木さん・町田さん

小川君の初クライミングは秩父の柴崎ロックです

上級クライマーに囲まれてのクライミングデビュー。

幸せ者です…。

小川君の生まれて初めてのムーブは両手とも縦のホールドをピンチでもちスーッと懸垂…
ボクシング国体3位は伊達じゃない

最初は初心者マークという5.9からスタート。石灰岩の磨かれてつるつるの足ホールドに苦戦。

次ぎに11aのオンサイトトライ中の横で10aをトップロープでトライ。

PC050181_convert_20101206230225.jpg

何回か落ちても粘って完登。持久力もあるのね~

PC050217_convert_20101206225654.jpg
↑エントツ5.9
なんか、様になってます。ここもトップロープで粘って完登。

最初の初心者マークにトライするも、手が終わってるようで次回にお預けです。

PC050200_convert_20101206230401.jpg
11aにトライする原口さん。

「久しぶりの石灰岩…、信用できねぇ~!」

PC050221_convert_20101206230016.jpg


写真ではわかりづらいですが、かなりかぶってます。

シルクピア10dをオンサイト!

岩がかぶってて降りながらヌンチャクは回収不可能…
回収のため2回登ってました。

後輩達のためトップロープを張ったり、回収したりとおつかれさまでした。



※ご一緒させて戴いた先輩の皆様もご指導ありがとうございましたm(_ _)m

ナイトクライミング

2010.12.3
メンバー:金澤・漆原

朝のうちは雨と風と雷の荒れた天候の中、午後から黒岩に行ってきました。
天気は快復、でも東面はびしょ濡れ。

無謀とは思いながらも鶴の捕獲に挑みました

もちろん、TRで…

TRをアブミで張ってみました。
PC030165_convert_20101206003345.jpg

リードは怖かったっす

苦労してTR張ったものの歯が立たず捕獲に失敗…。

PC030168_convert_20101206003209.jpg
こうやるんだよと言わんばかりに今度は金澤先輩がリード。

最近は鶴に飽きてきたご様子なので、心の中で「落ちろ。」と念じてみるも

 テンションとは言ってくれずさくさくっと完登…。


PC030173_convert_20101206003430.jpg

その後、漆原ねばってみるも成果なし。

暗くなっちゃってから、金澤先輩もアブミの練習。

「フリーのが早い…」とぼやきつつ。

前橋の夜景と、お星様がきれいでした。

金澤さん、毎回暗くなるまでお付き合いありがとうございますm(_ _)m

黒岩

12月4日 黒岩
メンバー:倉澤 横塚 入江

新会員の入江です。よろしくお願いします。

天気も良くコンディションは良好。

人生初クライミングの入江と横塚がピラミッドフェイスと一人静かと夏子に挑戦しました。

黒岩に着き人の多さにびっくりしました。駐車場もいっぱいでした。

はじめにザイルの八の字を教わりました。

そしてピラミッドフェイスです。

DVC00025_convert_20101204231609.jpg



倉沢さんにトップロープを張ってもらい、いよいよ初クライミングです。

不安とワクワクでどきどきしながら、足場を見つけながら登れました。

下りるときザイルに全体重をかけるのが最初は怖かったけれど、下まで下りてくるまでにはザイルから手を離して下りてこれました。

そして次は一人静かです。

DVC00049_convert_20101204232000.jpg


ピラミッドフェイスよりも足場が探しずらかった感じがしましたが、なんとか登れました。


そして夏子です。


DVC00058_convert_20101204232237.jpg


中盤の垂直になっているところで力尽きました。初落ちでした。それから少し休み、挑戦したんですが、握力がやられていて駄目でした。

横塚くんは何度か落ちながら上まで登れました。

夏子という目標ができました。


人生初クライミングは楽しいのと緊張感と登れた嬉しさと、登れない悔しさと高度感とビレーヤーへの信頼と色々勉強になりました。横塚くんと自分との体重差30キロでのビレーお疲れ様でした。倉沢さんいろいろとこれからもご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいします。ありがとうございます。また行きたいです。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-