西沢渓谷

10月24日
メンバー:原

週末、歩きたくなって思いついたのが紅葉見学。
いろいろ検索していたら、山という山は散っている・・・。
何かの本で見て、記憶に残っていた西沢渓谷に行ってきました。

混むだろうと思い5:00に自宅を出発し、現着が7:30位。駐車場は満車に近い状態でした。
しかし、意外と人はおらず、ゆっくりとしたハイキングでした。多分、駐車している車のほとんどは甲武信岳の方に行っているのだと思われます。
PA240038.jpg

しばらくすると、連続して滝が現れます。
紅葉は少し早いようですが、それはそれで綺麗です。
PA240040.jpg

駐車場に戻ったのがお昼頃で、草もち食べながらふらふらしていると、食堂の壁に魅力的な写真が・・・。
こんな写真が幾つも飾ってありました。
冬は冬で楽しめるようです。
PA240059.jpg
スポンサーサイト

小川山合同キャンプ キノコ狩り、クライミング

10月24日 

メンバー:ランコさんと沼田山岳会の愉快な仲間達(省略ですみませんm(_ _)m)、原口、倉澤、今関(新人)

今回も新人・今関大輔がブログを書かせていただきます。


秋深まる廻り目平キャンプ場で、沼田山岳会と太田山岳会による合同クライミングキャンプ&キノコ狩りを行って来ました。



10月30日~31日に北穂東稜を予定してる僕は「もう一度、懸垂下降したいです!」と言ったら心優しい先輩達とらんこさん、ガイドの石関さんが「春のもどり雪」をマルチピッチでご指導してくださいました。

IMGP1480_convert_20101026064210.jpg

IMGP1495_convert_20101026070423.jpg

IMGP1500_convert_20101027044518.jpg


これで北穂東稜のゴジラの背中も大丈夫!


その後「トムといっしょ」をこなし「ジャーマンスプレックス」をみんなにアドバイスを頂きながらどうにか登りました。


スラブは滑りますね~

しかし あの足を置くときのスリルは癖になりそうですね(笑)

IMGP1511_convert_20101027045534.jpg


帰り道 高速で横川SAから藤岡JCまでドハマリでした ▄█▀█●

山道具の店

まだイギリスから離れられないY.Aです。
今回は山道具の店のレポートです。

滞在先から車で20分位のShrewsburyという街にある山道具店です。

high1.jpg
ドアの取っ手が洒落てます。

high2.jpg
気さくな親父さんです。大した物を買わない私にも相手になってくれ、写真も撮らせて頂きました。
イギリスは標高の高い山は無く、南半分は山らしいものはありません。この周辺も小さな岩場が何カ所
か有るだけの様で、殆どスイス、イタリアなど大陸のアルプスへ行くとのことです。
道具は定番ペツル、ブラックダイアモンドの他、英国産のDMMが多かったです。

high0.jpg
店の外観はこんな感じです。間口は狭く、中も品物が詰め込んであり、大昔の「山とスキーの店 石井」
を彷彿させます。

darwin.jpg
この町は「種の起源」を著したこの方、ダーウィンの出身地でもあります。

spike.jpg
歩いて10分位の所にもう一軒発見。すでに閉店してました。ヨーロッパは観光地以外は店じまいが早いです。
更に日曜閉店も多く、週末の買い物は不便です。

榛名 黒岩

10月17日 

メンバー:ランコさん(沼田)、原口、鹿山、倉澤、今関(新人)


はじめまして新入会員の今関大輔と申します。

今回人生初のロッククライミングです。

わからないことだらけでしたが、皆さんとても親切に教えてくれたので、どうにか岳友会は登れました。


念願の懸垂下降もできて本当に充実した一日でした。



倉澤さん 体調不良のところ本当にありがとうございましたm(_ _)m


IMGP1463_convert_20101019052345.jpg


IMGP1465_convert_20101018225616.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

太田市民ハイキング(切込・刈込湖・光徳牧場/太山連行事)

太山連幹事:半田、進藤(記)
10月17日(日) 日光 切込・刈込湖・光徳牧場へハイキングに
お手伝いに行ってきました。

総勢86名、観光バス2台いっぱいいっぱいの満員御礼状態です。

太田を6:00出発。
行きは多少の渋滞はあったものの順調に登山口まで到着。
日光湯元を10:00に出発し、切込・刈込湖に11:30着。
そこで昼食タイム!
切込_刈込湖

歩行域では紅葉は若干ピークを過ぎている感はありましたが、
まずまず満足の景観です。(天気は曇り時々晴れ)
行き交う人は我々団体御一行様の多さ(列の長さ)にびっくりしていました。
参加者には昭和一桁生まれの方もおられました。
私もあと40年くらい山登りを続けねばなりません。
(その前に生きていられるか心配?)
予定通り、14:30に光徳牧場に到着し、バスで帰路へ。
紅葉は中禅寺湖近辺や竜頭の滝の近辺がピークのようです。
しかし、すごい渋滞。光徳牧場からいろは坂を下り、
日光市街と足尾へ分ける信号まで2時間半。
さすが日本有数の観光地です。
太田着は19:30でした。
というわけで、御高齢の方が多いハイキングでしたが、
大きなトラブルもなく、Mission Complete であります。

谷川岳一ノ倉南稜

10月16日
メンバー:倉沢、漆原、原

晴天の紅葉下、南稜に行って来ました。
ロープウェイ駐車場を6:00出発し、出合口に6:30着 
PA160003.jpg

天気が良くて気分も最高です。
馬の背リッジからの景色は最高でした。
fc2 4

南稜の終了点には11:30到着。
休憩中の一コマです。気分のってます
PA160016.jpg

その後は、懸垂下降の連続。
PA160027.jpg

出合口には15:00着。
無事に怪我もなく行って来れました。
ありがとうございます。
PA160035.jpg

榛名 黒岩

はじめまして。新入会員の加藤でございます。
至らぬ所も多くありますが、よろしくお見知りおき願います。

10月11日 
メンバー:鹿山・進藤・原口・倉澤・半田・加藤・会外1名 (順不同敬称略)
すこぶる好天なスカっ晴れで気持ちがよく8時前から一番乗りでした。
時折吹く西上州の心地よいそよ風が心と体を上へ上へと上げてゆきます。

初っ端から人生初のリードクライミングということで進藤氏にザイルを託しピラミッドフェイスにチャレンジ。
トップロープ時の様な絶大的な安心感は無く、ヌンチャクにロープを掛ける度に
ここで落ちたら色々な意味で面倒な事になると緊張が走ります。
IMGP1082.jpg


ハーネスを忘れたという原口氏はスリングでハーネスを作るという本で読んだことしかないような一幕も。
13時を過ぎると、少しでも登りたいと半田氏登場。気合が違います。
原口氏の指導の下、お前にはまだ早いとお叱りを受ける覚悟で迷うことなく引き上げビレイをリクエスト。
願い叶い、ピラミッドフェイスにて進藤氏と半田氏をダブル引き上げビレイを伝授していただきました。
さぁボクの人生初の引き上げビレイで思う存分上がってきちゃってくださいという鼻息荒いボクと
ウルトラ不安そうな余裕綽々な進藤氏。
IMGP1086.jpg


前回岳友会で見事に敗退したボクですが、
それを尻目に進藤氏難なく完登、さらに外岩3度目と聞く半田氏も完登!
IMGP1102.jpg
今回のボクはというと
またもや季節はずれの物静かな蝉と化し、重量級の蝉に付き途中ビレイ交代。
被害甚大でございます。
この日夏子でも敗退していたため悔しさも一入。
腕がパンプしテンパリ過ぎて小さくなったエイトノットが解けないボクに倉沢氏がそっと手を差し伸べてくれ
ダイエットするぞ次こそは登ってやるぞと心に決めたのは頃には
ヘッテンが必要な程にまであたりが暗くなり始めておりました。
己の空気の読めない有様に一抹の悔しみを感じながら
急ぎ足で物足りなさをザックにしまい、心地よい疲労感とともに
伊勢崎へクライミングギアを物色しに行きましたとさ。

今回も皆々様の暖かいご支援を受けて
丸一日本当に楽しいクリミングでございました。リスペクト

文責:加藤

山行報告

10/10 The Wrekinという近くの丘に登りました。イギリスでは標高600m以下は「丘」(Hill)と言うそうです。
ホテルから見える2つの丘の向って右側に登ります。丘自体は東西につながり、向かって右が西です。峠に車を止めて30分位で頂上です。
B1_20101011015631.jpg
子供連れや犬を連れたハイカーが大勢います。
B2_20101011015631.jpg
廻りは牧場や畑です。
B3_20101011015631.jpg
頂上には方位盤が有ります。1335ft、約400mです。
B4_20101011015631.jpg
頂上付近には岩場も有ったりしますが脆そうな岩です。
B5_20101011015631.jpg
頂上付近はシダみたいな葉の草と白樺が生えています。気候的には群馬より+5~600m位になると思います。
B6.jpg

スコットランドのベン・ネビスは片道8時間位かかるのでゆけません
取りあえず児玉さん、なかっぴー夫妻に負けずに「海外登山」と言う事で・・・
ところで所で児玉さん、ノルゥエーはかなり寒いのでは?先週スエーデンのお客は
「嵐で寒かった」と言ってました。彼らの寒いは群馬では「極寒」ですから!!!


Y.A



女峰山

10月8日
メンバ:玉水

女峰山には志津と霧降からなんどか登っているのでリハビリ登山に決めたが
体力不足にきずかず無理して登り下山で苦労した。

霧降高原8時30分発。つくばね山の会の女性と山の話をしながら楽しく赤薙山
まで同行して頂きました。ここからは筑西市?から来た青年と同行したが青年は
女峰を往復して霧降高原16時前のバスに乗るので行動が早い。話をしながら着
いて行くが赤薙奥社跡で私はクタクタとなってしまいタフな青年と分かれ一人で
先を目指し独標に着く。体力が多少回復したか?4連休の初日だった事もあり無
理して山頂に向かう。

女峰山 001
女峰手前のハイマツ帯

やっぱり疲れは本当であり狭い道を覆うハイマツ帯で足が止まり考えてしまう?
すると下山を急ぐ青年が降りて来て励まされて魔法の力を得て登頂出来ました
良いのか悪いのか

女峰山 008
女峰山山頂

辛くきつい登頂だったのでしっかり休む。時々雲海から男体山が現れるが写真には
写らな無かった。1時半下山。だましだまし降りるが我慢できずに水場で休みガス
でお湯を沸かそうとしたが自動点火のEPIとガスライターが気温の低い濃霧の中で
は点火せず?お湯はあきらめて少し横になり休む。独標では休まずに赤薙奥社跡に
向かった。15時半に赤薙山に着けば明るい中で霧降に下山可能だが?と思いつつ
16時過ぎにスキー場を確認して17時に霧降高原駐車場に到着した。同時に携帯
に電波が有り無事に下山報告が出来ました。

反省  これからは16時に下山出来る計画を立てる。

    女峰山はこれで4回登り今回が思い出の残る
    苦しい山行でした。

今後  積雪時にトライして積雪時に日帰りする。

    雪がツイタラさらに厳しくなり標高は高いのでかなり寒い。樹林帯でのル
    ートファインディングは大事なのでしっかり行う。稜線では風雪で視界が悪い。
    これこそ冬山入門に良いですかね





 





榛名 黒岩

10月3日 
メンバ:ランコさん(沼田)、原口、鹿山、金澤、漆原、原、加藤(新人)、倉澤

ニューフェイス・加藤の歓迎山行を大所帯で黒岩クライミング
天気が危ぶまれたが、何とか一日もち、8:00~17:00までがっつり登りました。

まずは新人教育としてピラミッドフェイス・一人静か・西稜でクライミング&懸垂下降
外岩初めてとの事であるが、3本ともノーテン。加藤は「楽し~」を連発。
かなり将来有望です。

fc2 1
少し腕が張ってきたとの事なので、確保の練習をしてもらい、最後は岳友会。
一発目でここまで行きました
みんな頑張んないと、すぐに抜かれちゃいますよ


結構な大人数なので、みんなで色々取り付く。
夏子に、柿ドロボーに、イプシロン下部に、月下美人に、鶴に。
最後に原クンがやった、大スラブ中央クラック。こいつは長くてイイね。
俺も今度カムもってトライしてみよう。


人数多いと楽しいね
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-