白馬岳&白馬鑓温泉

メンバー:石井 会外2名

9月18日(土)
猿倉から登るコース
この時期になると大雪渓は30分程で通過出来る
テント設営後に青空の白馬岳へひと登り
夜半より風が強くなりフライシートの張綱が外れた
s-IMG_0576.jpg


9月19日(日)
昨夜からの強風が続く
丸山~杓子岳の稜線では飛ばされそうになる(笑)
鑓ヶ岳山頂から歩いた稜線を振り返る
s-IMG_0822.jpg

今日の幕営地は念願の白馬鑓温泉小屋
テント設営後昼食をとり早速温泉に浸かる
水着のギャル?と温泉で話し込み2時間も…
夕食後に小屋でスタッフと酒を飲み話が弾む
漬物の差し入れが美味しく完食
その後また温泉に浸かる


9月20日(月)
夜半より雨 テント撤収中も雨
歩き始めると雨は止み 蒸し暑く雨具を脱ぐ
12時頃に猿倉に到着
帰路も松代温泉で汗を流す

スポンサーサイト

谷川岳マチガ沢東南稜

9月19日
メンバ:島田さん(労山)、武井、進藤、漆原、原、倉澤

6人の大所帯で、マチガ沢東南稜に行ってきました。進藤さんは初の本チャンです。
結果は、疲れたけど、満足


fc2 1
マチガ沢の出会いより厳剛新道を辿り、第一見晴らし台へ。上部はガスが掛かっており、目指す東南稜は良くわからず。ここからマチガ沢へ下降。踏み後ははっきりしていて容易であるが、斜度があり、慎重に降りる。

fc2 2
マチガ沢は滝が頻繁に現れ、登山者を飽きさせない。トポには大滝やら四段の滝やら25m滝やら表記してあるが、あまり覚えていない。
ただ鮮明に覚えているのが、とあるCS滝。自分が漆原さんの背中を踏んで、突破 彼の大きな背中は非常に安定しておりました。あとで仕返ししないでね、漆原先輩

fc2 3
マチガ沢は水量が乏しいためか、濡れている箇所はコケが付いており、非常に滑りやすく、結構怖い。また進藤さんは沢登りの初めての事でもあり、全体の安全を考慮し、途中何箇所かザイルを出す。

fc2 4
水量が乏しくなった辺りで本来右に行くべきところを、左へ。踏み後がはっきりしているので、多くの人が間違えるのであろう。東南稜の基部あたりで右へトラバースし、ちょっとした岩穴をくぐって、取り付き地点へ。

fc2 5
編成は漆原、原、倉澤組と島田、武井、進藤組。1P目は凹角から右へ登る。漆原さんがトップ。残置ハーケンは豊富であるが、染み出しで、岩が非常にぬめぬめしており、かなり嫌らしい。

fc2 6
2P目。凹角から登るルートと右のクラック&フェイスから登るルートがある。トップの漆原さんは果敢に凹角を攻めるも、あまりのぬめぬめの岩のため、右へトラバースして、フェイスから登る。
自分はフォローで残置スリングを使い、凹角を登ったが、リードは絶対に無理です

fc2 7
3P目はいったん左へトラバースし、快適なリッジを登る。ここは景色もよく、岩質も安定しており、本当に気持ちがよかった。ピークから望む山々は非常に綺麗でした。

あとは国境稜線へ向け、草付き帯の踏み後を辿りました。その頃にはまたガスが掛かってきて、すこし肌寒く感じました。帰りは西黒尾根、厳剛新道を経由して、下山となりました。
6人編成という事もあり、12時間行動のガッツリ山行となりました。

渡良瀬川本流夜間渡渉訓練

2010.9.18

メンバー:倉澤・漆原

最近仕事に追われ忙しい日々を送る倉澤氏。

そんなに忙しくもなく暇を持てあます漆原。

良く晴れた土曜の午後…。

2人仲良くハヤ釣りに行ってきました。

ハヤ釣りは倉澤さんに最近教えてもらってすごいハマってます

この日も短時間で倉澤さん10匹、漆原4匹の釣果がありました。

倉澤さんは、ハヤにしてはなかなかの大物をあげましたよ~。↓

P9180084_convert_20100921224932.jpg

もちろん、お魚さん達はこのあと川にかえっていただきました。

暗くなった川をヘッドランプの明かりを頼りに渡渉。

流れが強くて足場も悪い…。

いい渡渉訓練でした。

山ばかりじゃなくて近所でできるアウトドアな遊びも楽しいですよね



一ノ倉衝立岩中央稜

2010.9.17

メンバー:金澤・漆原

一ノ倉中央稜へ金澤先輩に引率されて行ってきました

前日降った雨で岩が濡れている不安を抱えながら出発するも

意外にアプローチ・テールリッジ~1P・2Pは快適に…

P9170066_convert_20100921214407.jpg



ところが、山の天気は変わりやすい。

やっぱりぽつぽつ降ってきた雨

3P終了で、天気に不安ありそうなので4Pで下山することに…

ここまでつるべで来たけど、どうしても核心をリードしてみたい。

金澤さんにわがまま言ってトップをやらせてもらうも…

核心どころか、その手前で岩がぬめってセミになりかける。

核心を見上げるとびしょ濡れチムニーから水がしたたっている

………。

金澤さんに途中でバトンタッチ。

セカンドでもかなりきつかった…。

下降はすっかり雨にやられるもロープも絡まず順調にテールリッジへ。

P9170072_convert_20100921204127.jpg

ところが、雨で沢が増水。雨がたいしたことなくても支流から水が集まってひょんぐりさんが大変なことに
↓朝のひょんぐり

P9170065_convert_20100921204706.jpg
               ↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓

               ↓↓↓↓↓     ↓↓↓↓↓

P9170076_convert_20100921204312.jpg
ダムの放水みたいになってる

そんでもって、危険そうな所は高巻いて、
仕方なしの渡渉はロープで確保。
P9170078_convert_20100921204348.jpg

金澤さん、念願の今季初の沢…。

チムニーも高巻きも、金澤さんは冷静で頼りになります。

引率ありがとうございましたm(_ _)m








叶津川木ノ根沢

玉水です。8月16日に交通事故で身体はガタガタ車は廃車です。事故は山
でも下界でもしっかり注意しないと起こります。特に車ととボードはスピード
を控えめに安全重視ですね
木ノ根沢は八十里越え偵察とリハビリを兼ねて計画をしました。

メンバー:玉水、小高(元会員)

9月4日
六十里を越え田子倉ダムで仮眠。

9月5日
R289の遮断機より工事中の国道を1時間あるくと木ノ根橋があり遡行開始です。
メジロアブがいないお盆を過ぎると全滅する事を確認して少し残念に思った

叶津川木ノ根沢 008
小さい岩魚がいっぱい走ります
叶津川木ノ根沢 020
ツルツルだが何とか
叶津川木ノ根沢 016
この滝から八十里越えの尾根が間近です。
叶津川木ノ根沢 011
岩魚達と遊んだが俺達の負け
叶津川木ノ根沢 015
浅い釜だがV字なので泳ぎ先を偵察して下山

何とか八十里越えの偵察が出来ました
後、このR289はこれから約15年後に只見~三条に冬期通行可能予定
会越国境9号トンネルは年内に開通です。


東黒沢

2010.9.5
白毛門東黒沢へ
メンバー:竹川さん・吉田さん(両氏とも境町山の会)・倉澤・遠藤・原・漆原

朝6時半に白毛門の駐車場に集合。(岳連の救助隊の訓練でしょうか、前橋山岳会の角田さんにもお会いしました。)


意外にも原氏は本日はじめての沢登り…。

漆原は4回目。

目指すは沢やか? 遠藤さんは今年から始めたのに5回目だそうで…

倉澤さんはまあいいとして…。

P9050002_convert_20100905223254.jpg

↑入谿前の準備

P9050003_convert_20100905223343.jpg
↑水線直登

P9050004_convert_20100905223419.jpg
↑はじめてとは思えぬ余裕。

P9050005_convert_20100905223449.jpg
身体を冷やさないように、また体力の消耗しないように無駄な入水は控えましょう…。
…って竹川さんにアドバイスされたのに

P9050006_convert_20100905223525.jpg

↑各馬ゲートイン

P9050007_convert_20100905223611.jpg

↑一斉にスタート

…ん  意外に深い…

P9050013_convert_20100905223927.jpg

滑の続くきれいで快適な沢でした。

帰りは沢下り キャニオニングみたいで楽しかったです。

実際、キャニオニングの一行ともお会いました

藪こぎのない沢登りはいいですね~。



竹川さん、吉田さんおせわさまでした。



一ノ倉沢凹状岩壁

9月4日
メンバー:武井、鹿山、金澤

 凹状岩壁に行ってきました。
 出合を5時15分出発。
 ヒョングリの滝の高巻き下降で多少順番待ちをしてそれでも中央稜取り付きには6時20分ごろ到着。小休止後取り付き地点へ向かいます。この時点でかなりヘロヘロ。武井さん早すぎます。
 本日は武井さんは腰痛のためリードは鹿山さんと金澤で受け持つことになりました。

 1P、2P目は鹿山さんリード。中央カンテへの分岐へと向かいます。

P1010432.jpg

 3P、4P目は金澤がリード。岩も脆く4P目の核心部近くではつかんだホールドがパカッと拳ほどの大きさの岩が外れて焦りました。

P1010435.jpg
 
 結構高度感も出てきてます。

P1010439.jpg

 5P、6P目は鹿山さんリード。6P目は以前崩壊したピッチですが、セカンドにもかかわらずビビリまくりました。たまたま鹿山さんのリードだったわけですが、自分でなくて後からホットしました。現在の核心は間違いなくここだと思います(3人の意見)。

 7P、8P目は金澤がリード。8P目のクラックは見た目ほど難しくなくホールドもしっかりしており、一番安心できました。

P1010441.jpg

 終了点より烏帽子岩。


 今回は8mmのロープを使いましたが、トラブルもなく使うことができました。当初は懸垂下降で止まらなくなる心配がありましたが、空中懸垂もルベルソキューブでの下降なら十分すぎるほどのブレーキがかかり問題ありませんでした。8mmめちゃくちゃ軽くてイイです。

 今回は武井さん鹿山さんと同行させていただきましたので色々と勉強させていただきました。ありがとうございました。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-