武尊沢

倉澤です。
6月26日、遠藤さんと武尊沢に沢登りに行って来ました。当日は梅雨らしく と生憎の天気でしたが、ほどほどの水量と絶景で沢登りを満喫できました。

5:30に太田を出発。7:30に武尊神社をスタート。剣が峰につづく登山道を辿り、手小屋沢非難小屋への分岐を過ぎ、いくつかの沢を渡り、8;30に入渓点へ。他の沢と異なり、大きく広いので分かりやすい。ガイド本には水量は乏しいように書かれていたが、我々には十分 

準備をして9:00に入渓。はじめはゴーロ帯が続き、足慣らしにはちょうど良い。前回のカレ沢の妙義とちがい水のある沢に満足げの遠藤さん。ガシガシ登っていきます。

P6250177_convert_20100626211447.jpg
最初の10Mナメ。ここを過ぎると頻繁にナメが続き、どれがF1だか分かりませんでした。結構な割合でガレた石や木があり、少し興ざめ。ほどなく行くと小さいスノーブリッジが。小さくでも緊張しいしい下を潜って行く。

P6250183_convert_20100626211628.jpg
ほっこれで終わりかと安心しきって程なく進むと、20Mぐらいのスノーブリッジがしかも終了間際に4Mほどの滝がかかっている。いやだなと思うが、まあ先が見えるからマシかと気をとりなおし、ヒヤヒヤしながらクリアーする。

P6250184_convert_20100626211704.jpg
しばらくナメ床がつづき、F3-8Mへ。トポにはナメと書いてあったが、どう見てもナメでは無い。どうやら形状が変わってしまったようだ。水線通しでも行けそうであったが、ホールドの大きい、右から登る。遠藤さんもフリーで突破し、練習の成果が現れておりました。

P6250186_convert_20100626211742.jpg
次の3Mを登ると、ベンチのような石があったので休憩。ここで水を採る。後ろを振り向くと獅子ケ鼻山が綺麗に見える。ここからは両岸が切り立っており、絶景。ハイキングではまずお目にかかれない景色が広がっていた。

P6250190_convert_20100626211816.jpg
快適なナメ床を進むと25M-4段の滝に。左側がホールドが多く、快適に登れる。一本新しいハーケンが打ってあったが、まず使う必要なし。

F5-8Mは非常に脆く、岩がボロボロ取れる。慎重に登ると分岐となる二股が。トポではここを左と書いてあったので、進むとどうもおかしい。F6が無い。どうやら二股ではなく、過去にガレ箇所が二股に見えたようだ。右へ右へトラバースしていくと、F6発見。F6はオーバーハングしており、直登は不可能なので巻くことになっていたので、結果オーライとなった。

後は乏しい踏み後の急登を登り、最後に今年初の藪漕ぎを少しすると、登山道へ。一般ハイカーにバッチリ遭遇してしまい、視線が痛かった。。。10分ほど登ると12;00に頂上。人がいっぱいおり、人気が伺えた。


ついしん
帰路の運転中、藤原のあたりで に遭遇。右から何か黒いものが来るなと思ったら、何と非常にかわいらしい小熊だった。人生初の野生の熊さんです
う~水上最高
スポンサーサイト

セルフレスキュー講習会

セルフレスキュー講習会
今年度二度目のセルフレスキュー講習会。今回は県スポーツセンター
での机上講習でした。
午前中は遭難事故より得たデータをお勉強の後、簡易チェストハーネス
の作り方と補助ロープの使い方です。ポイントは「登攀では有りません」という事。
岩登りをかじった人は「ロープ=登攀」の図式が出て来ますが、
あくまでも「補助」ロープです。垂壁での登攀は忘れてください。(写真ありません)

午後は救急法と搬送法でした。

5.jpg
前腕の骨折を想定して三角巾を使い腕の固定
4_20100622220850.jpg
大きめのザック、ストックとカッパを使い背負って搬送
1_20100622220850.jpg
2_20100622220850.jpg
ストック2本で簡易担架を作ります。
3_20100622220850.jpg
実際に人を乗せて運んでみました。
これらの搬送方法は麓まで下ろす事が目的ではなく、安全な場所への移動、
ヘリコプターが接近できる開けた場所までの移動が目的ですが、
ただ背負って搬送するよりもとっても楽でした。

最後は昨年夏に発生したトムラウシでの遭難事故について、班別で
自由討論し、問題点と対策を挙げました。経験、年齢、性別により
問題点抽出のポイントが様々で大いに勉強になりました。
ただ、山屋は技術面、体力面に目を向け、ネガティブ部分を見ない
ようにしてしまう傾向があり、事故を経験してもその再発防止策
までは考えていない。というのが本音かな?

講師を始めスタッフの方々の熱意にエアコンが負けていました。
次回は机上講習の内容を踏まえて相馬山で実技の予定です。

湯の丸山縦走(個人会員山行引率?)

6月20日(日) メンバー:吉田、鹿山、三田
毎月行われる個人会員の山行に飛び入り参加しました。
今月は、湯の丸山にて読図及びコンパスの使い方を学びながらの山行です。
朝5:00に桐生のバス会社に集合~前橋駅~高崎と廻りながら、10時頃鹿沢温泉に着きました。
途中の地蔵峠の登山口は、レンゲツツジが満開で駐車場は大賑わいでした。
総勢38名の大所帯を3班に分けました。
shuppatu.jpg
我々足引っ張り3人も班ごとにわかれ、時間をずらしながら出発です。
地図やコンパスなど実際に活用したことが少なく、今回は大変勉強になります。
阿部源さんの後ろをくっついて歩いてたんですが、覚えることが盛りだくさんすぎて頭痛がしました。
会員の方々は穏やかで、終始和やかムードの山行となり、こういうのもいいなあと思いました。
cheese.jpgotukare.jpg
吉田、鹿山両氏は顔見知りの方も多いらしく、楽しそうでした。
当方、なんちゃって自然保護指導員もゴミ拾いしたのでノルマ1つクリアです。
また、機会あったら参加したいです。(国立公園、国定公園限定)

藤坂ロックガーデン

2010.6.13
メンバー:武井・金澤・倉澤・原・遠藤・漆原

午前中は事務所掃除お疲れ様でした。

掃除終了後、上記メンバーにて佐野の藤坂ロックガーデンにいってきました。
太田からはアクセスも良く、黒岩よりも近いため、午後からでも充分に楽しむことが出来ました。


P6130051_convert_20100618205220.jpg
↑遠藤さんの懸垂下降

P6130058_convert_20100618210119.jpg

↑岩の隙間から…

P6130049_convert_20100618210601.jpg
10bを荷物を背負って登る武井さん!

P6130047_convert_20100618191838.jpg

余裕の金澤さん。でも、さすがに両手は離してくれなかったっす。

あっ!ロープ混在してますが、金澤さんはリード中です…。

マルチピッチも先輩方が指導。
また、新しい8mmロープでのお試しクライミングを行いました。



ps:倉澤さんすんません…。

…写真撮ってなかったっす。



餅ヶ瀬川押溜沢

6月17日 
玉水です。袈裟丸の沢に行ってきました。

2週間に増田宏著者の袈裟丸山を読み奥袈裟北峰から小法師尾根や
旧六林班峠の西コースなどなどすべての記事に感心を持ちました。

今日は中袈裟丸中尾根を偵察するために押溜沢を計画したのだが?

新田4時に出て餅ヶ瀬林道車止め遮断機5時半着く。ここから林道を
1時間行ったが中尾根を見落とし7時半に押溜沢出合から遡行開始。
40分ほどで10m滝と小滝が続きますがこの沢は何所でも巻けます。
餅ヶ瀬川 010
4m3条の滝です。
餅ヶ瀬川 012
1277m地点の二股9時10分着。右の押溜沢を遡行。
1380m地点の二股9時50分着。左のカラボリ沢遡。
1430m地点の二股10時10分着。右が八反張だが厳しいので左遡行。
1550m地点です。
餅ヶ瀬川 018
この先水線が消え獣道をたどると1720mの両毛国境に出ました。
出た場所は前袈裟の急登の取り付き手前です。
餅ヶ瀬川 014

稜線も下界も暑いし中袈裟まで後2時間以上かかるかな?計画は無理でした。
中袈裟の中尾根の偵察をあきらめて11時30分に下山して遮断機15時着。

中央カンテ

2010.6.12

メンバー:武井、鹿山、漆原、赤塚(会員外)
朝4時に事務所に集合、水上へ向かう。
天気も良好。
南陵の予定でしたが、南陵、中央稜は大渋滞のため中央カンテへ。

初心者の漆原には早すぎるルートですが、そこは武井、鹿山のエキスパートがバックアップ!
自走式の荷物を上げるかのごとく、すいすいと進んでいく。

途中では武井さんが、場面ごとに分かりやすく指導してくださいました。

緊張しまくりの漆原のうしろで…
P6120033_convert_20100613225403.jpg
 
余裕の鹿山さんです。


P6120035_convert_20100613225800.jpg

空中懸垂は初めてでしたがとても気持ちよかったです。

P6120046_convert_20100613225923.jpg

初めての一ノ倉でしたが、高度感や落石に緊張しながらも大先輩のお力で無事に行ってくることが出来ました。

ありがとうございました。





有笠山 ちっぽけ岩

6月12日(暑くて汗だらだら)

メンバ: さん& さん(境町山の会)、倉澤

ヘタレです。

Unname(5.10a)を5回もやったのに、一回も出だしがクリアーできません。

軟弱な左手の押さえが利かず、右手が上のホールドをつかめません ハア~
利き腕でない左が弱いのは感じておったのですが、それが今回如実に現れちゃいました。

俺が弱いのが問題ですが、お二人ともちっぽけ岩は「辛い」といってくれたのがせめてもの救いです。。。
(ネットを検索してみたら、ちっぽけ岩の10台はグレードの付け方が辛いとの評価が散見してました)


今回の収穫はちっぽけ岩の所在が分かったことと、沢渡温泉がリニューアルしてたことですかね。
だた水温はあいからずの激熱でしたが。


さん& さん、もうちょっと鍛えてくるんで、また遊んでください。

やってらんねえ黒岩

倉澤です。
6月11日、休みの合った金澤さんと午前中の用事を済ませた後に黒岩へ
現地に13:00に着くも誰もおらず、本日貸切となった。

今日の目標は月下美人(5.11a)。ピラミッドフェイス辺りで軽くアップして、いざスタート。
まずは自分が。前回トップロープでいい感触だったので、行けるかと思ったが、テンション、テンション、テンション。やっぱリードは難しい。ヌンチャク掛けながらだと、勝手が違います。。。

トップロープを張って、初トライの金澤さん。彼ならさくっと行くんだろうなと思っていると、1テンで登る。次はリードをやるとの事。

倉澤2便目。ヌンチャクは掛けっぱなしなんで、先ほどよりは気楽にトライ。
が1テン。3本目のところで力尽きダメ

金澤さん、リード一便目。3本目までサクサクいく。おっこりゃ行くかなんて思っていると、何だか足の置き方がおかしい・・・どう見ても変な登り方で、こりゃ落ちるかななんて思った瞬間、フォール
落ちた瞬間、第一声が「やってらんねえ」
普通は「今畜生」とか残念がる言葉だと思うのですが・・・理解不能でした。

その後も2人で何度かトライしましたが、未熟な我々では腕が残っておらず、結局登れずの帰宅となりました。

次回には片付けたいですね。

中木川烏帽子沢右俣

6月6日
メンバー:阿久津、倉沢、遠藤

遠藤です。
季節は衣替え!
日差しも強くなってきました!
暑い時期は沢登りでしょう!?ということで行ってまいりました「中木川烏帽子沢右俣」。
とは言いつつ、今回初めての沢登りです。


P6050152_convert_20100607221627.jpg
いつもながら自然の力には圧倒されます。

P6050156_convert_20100607221712.jpg
手がかりは豊富ですが、ゲレンデとは違い滑るし非常にもろく崩れやすい!


P6050160_convert_20100607221755.jpg
それでも、滝を登りきったときは爽快です。


P6050163_convert_20100607221910.jpg
沢登り・・・はまってしまいそうです(笑)
「すべてののぼりはフリーに通ず」を実感しました。高みを目指しがんばりましょう!


尾瀬ごみ持ち帰り運動~自然観察会下見~燧ケ岳ピークハント

6月5日~6月6日 メンバー:三田
1日目
gomi.jpg
毎年6月第一土曜日に尾瀬ごみ持ち帰り運動が行われます。
7:30~ では、大清水平湿原に向けて出発です。大清水~一之瀬~三平峠~三平下まで9:30に着きました。
bunki.jpgtochu.jpg
大清水平湿原湿原へ向かう分岐です。雪に埋もれています。
キックステップで登り切り、樹林帯に入ると道はなく、踏み跡がかろうじて2人分ありました。
ルートファインディングしながら20分程歩くと、ひょっこりと湿原に出ました。思わず、Oh!と感嘆の声が出た。
osimizud.jpgbashou.jpg
人っ子一人いない湿原にて小休止。気も緩むと腸も緩みます。イケナイ事を済ませ、このまま分岐まで戻ります。
11:00 これから燧ケ岳はしんどいし、キャンプ場へ直行は早すぎるので尾瀬沼を一周しました。
numa.jpg
13:00に予約制のキャンプ場に到着。空いていたので予約無しで泊まれました。
テントサイトが何とウッドデッキで出来ていて、土の上を歩かずに済みます。スリッパを履けばペタペタと100m位離れた便所や水場まで歩いて行けます。周りの建物もペンション風で違和感を感じ、この日はもうテントから出ませんでした。

2日目
長英新道にて燧ケ岳を目指す。
manaita.jpg
7:30 燧ケ岳手前の俎板(2346m)の頂上を踏んだ。隣の柴安(2356m)もひと登りで行けそうな距離だ。だが、先行の3人は滑落を繰り返し難儀している。聞けば、今日初めてアイゼンを付けたそうな。ハイキングの延長で来たのかもしれない。
グズグズに崩された斜面を蹴り込んでステップを刻むと、程なく尾瀬沼を見渡せる燧ケ岳(柴安)に着いた。
hiuti.jpgozezenkei.jpg

感想
昨日今日は、ウルサイ家族から離れヨカッタ。尾瀬はレジャーランドみたいで、山ではない。山スカートを履いてシマシマスパッツのオネエさん達がパークレンジャーなどとのたまっているが、尾瀬でボランティアなんてちょっとしたトレンドなんだろうなぁ。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-