藤坂ロックガーデン

5月30日
メンバー:金澤 倉澤 林 原 

黒岩に行くつもりでしたが、伊勢崎に入ったら雨・・・、予定を変更して藤坂ロックガーデンへ。
変更は正解で、最後まで雨には降られませんでした。リーダーの勇断に脱帽です。

有料で1人¥1,000(1年間有効)
詳細なルート図貰えます。

今回の目玉は、新入会員の林君。
アイゼンロックで基礎学後に、グッドラック藤坂(5.9)にトライ。サクッと完登!
P5300045.jpg

次に、小町ハング(5.10b)。下部の膨らんだフェースを超えられず・・・林君!もうちょいです。
P5300046.jpg

その後、北壁へ移動し、プレートテクトニクス(5.10c)
誰も一発で核心を抜けられず、悔しさから人の登壁に「テンション」「落ちろ」のコール。
そんなことが面白くて、こんなクライミングも有りですね。
P5300059.jpg

最後にオートマティック(Ⅴ+)
P5300063.jpg

初の藤坂ロックガーデンでしたが、登る楽しさよりもヤジの掛け合いで面白かった。
それと、親切な方がK山の岩場を教えてくれました!
帰りに寄ってみると・・・あったぁ~!


スポンサーサイト

雨上がりの黒岩

5月27日

 先週に引き続き漆原氏と金澤で黒岩へ。

 朝目覚めたときはまだ雨が音を出して降っています。本当は先週のリベンジ+といきたかったのですが、残念です。ダブルロープをもってザイルワークをやりました。

 気合も入っていませんでしたのでカメラも忘れます。

 行きの車ではガンダム上映。1日中ガンダム頭を離れませんでした。
 
 ピラミッドフェイスはガイド講習と思われる方々に占拠されていましたので、練習岩のところでやります。漆原氏はダブルロープを扱うのも初めてとのこと。支点の作り方、懸垂、その停止などなど。

 その後は西稜へ。途中で一度ピッチを切ってのザイルワークの練習。マルチピッチもどきですが、漆原氏は楽しかった様子です。また西稜初リードです。

 これらが終わるとすでに15時をまわっています。

 あいかわらず、夏子、柿ドロボー、アルカディアは水が流れていますが、雪辱の黒岩老眼鏡は大方乾いているように見えます。先週のトラウマがあり、サクサクとはいきませんでしたが、なんとかRP。

 帰りの車もガンダム上映。倉澤君ガンダム勉強しましょう。みんなレベル高いです。今度テストします。

 

セルフレスキュー講習

5月23日
参加メンバー:阿久津、武井、鹿山、進藤、三田、原、遠藤

今年度の群馬岳連指導委員会の講習会。今年のテーマは「セルフレスキュー」。
第一回目は岩場でのセルフレスキューとして妙義ロックガーデンで行われました。
当日はあいにくの雨。しかし講義はより実践に近い状況となり、非常に勉強になりました。
講師の町田さん(クラブ∑・日山協遭難対策委員会副委員長)有難うございました。

P5220145_convert_20100525222839.jpg
写真は、懸垂下降の訓練中。

一ノ倉沢 中央カンテ

原口です、5月22日に一ノ倉沢中央カンテへ 
沼田の大社長と片品の酔攀クライマーと三人で行ってきました。
装備を整え6時半に出合を出発、今年は雪の量が多く楽チン♪ 
1時間少々で取り付きへ…
南稜を登り始めた前橋山岳会の面々が見えます。
F1000020.jpg
予定では変形チムニーでしたが先行パーティが居たため変更…
一ピッチ目は大社長リード、最初はトラバースです。
リードは順次交代で各ピッチ進むと傾斜のユルいフェース…
リードは私、少し左から周りこみますが浮石が多いかなと思う、
とりあえず不安定なので安全圏まで上がろうとするも掴むホールドすべてガタガタ…
時にはスタンスまで浮石に乗る始末!
30メートル程ザイルを伸ばしようやく残置ハーケンにクリップ!!
終了点までランナーは一本だけでしたー
どうやら核心付近の岩がゴッソリ崩れそのピッチに直撃してルートを破壊したみたい。
途中大社長とI氏に私が引き起こした落石がかすめ危ないところでした、反省!!!
核心のピッチは簡単なフリーで抜けてもう1ピッチで終了。
前橋の皆様また岩でも~
大社長!クラック行きましょう!
I氏、お疲れ様でした~。
F1000014.jpg
F1000010.jpg

意気消沈の黒岩

平日の休暇を利用し、金澤氏と漆原で黒岩でクライミング修行。

まずはピラミッドフェイスでウォーミングアップ

続いて、岳友会へトラバース。

そこは、金澤先輩がリード。

岳友会は久しぶり。  まあ、落ちないでしょう…とスタート。

ところが…!

先輩禁断のひとこと!

…テンション!

ええ~!


ちなみに、漆原は45分セミになったあげく敗退。

二人とも意気消沈…


昼休憩後、記をとり直して…


金澤氏は今日はテンション上がらない。目標のイプシロンから老眼鏡へ

さくさく登ってテンションあげるぞ~

P5210001_convert_20100521210033[1]

↑本当にさくさくとトカゲのように登って行く金澤氏。

さすが!


しかし!またまた禁断の一言。


テンション!


その後は気分ものらず、気晴らしの西陵


景色も良く高度感もほどよくちょこっとだけ気晴らしになりました。

P5210004_convert_20100521212400[1]
P5210002_convert_20100521212606[1]


P.S  これが言い訳無用の実力ってものですね。落ちるのはあっという間です。しかし、まさか岳友会でねぇ・・・。by かな






富士山 スキー

2010.5.16
メンバー:玉水・倉澤・原・漆原・荒井(会員外)←太田からの参加5名


富士山に行ってきました。

群馬岳連内の先輩方とご一緒させていただきました。

前日午後から標高2400mの富士宮登山口駐車場でテントを張り一泊。
少々、お酒をいただきながら高度順応…。
翌朝は6時に出発。
P5160013.jpg


天気は快晴!青空の広がる絶好の登山日より。
P5160019.jpg

さすがに11人の大パーティ足並みは揃わず、隊列も延びてしまい時折最後尾が近付くを待ちながらののんびりとしたスタート。
P5160023.jpg
それでも、他の会の方々と一緒に歩く貴重な経験。 
話題もいろいろあって途中の休憩も楽しく過ごせました。

八合目で頂上まで行くパーティーと途中から滑るパーティーに別れて行動。
太田は全員で頂上へ。
P5160027.jpg
P5160041.jpg


西穂山スキー

原口です、5月16日沼田山岳会の大社長と西穂高岳にスキーに行って来ました、
7時頃登山口を出発、15分ほど歩くと雪崩の後か…
P5162518_convert_20100516212958.jpg
凄まじい光景です。
P5162522_convert_20100516213110.jpg
岳沢登山道を1時間程歩くと西穂高沢出合付近です、
ガレ場を横断して沢を詰めます。
ここからは5時間ひたすら同じ景色の中歩き…
P5162526_convert_20100516213302.jpg
西穂までの主稜線に出た所でタイムアップ!
15分程滑って出合に到着、人も少なく快適に楽しめました~。
大社長!
また楽しいトークお願いしまーす

奥穂高敗退

5月2日~5月4日
メンバー:石井 会員外4名

奥穂高は4/28に40~50センチの積雪があり自粛要請が出た
5/1夜の出発時も自粛解除ならず気持ちがダウン
5/2涸沢に上がっても「登れない!」なぜか横尾でテント泊
5/3朝、とりあえず涸沢までは登ぼりテント泊 やはり奥穂高は自粛要請
この夜の涸沢は気温が高くシュラフの中はほぼ下着のみ
s-IMG_4200.jpg
s-IMG_4189.jpg

5/4涸沢カールを下山し白濁の乗鞍温泉で汗を流した。

「 来年も 行くぞ~! 」な敗退でした。。。

榛名 黒岩

メンバ : 鹿山、遠藤、原口、ランコさん(沼田山岳会)、倉澤

本日5月9日、黒岩へ。天気はだが、さほど暑くなく快適なクライミングとなった。

現着すると、小川山から転進の原口&ランコさんが。ランコさん、お初でございます


自分の今日の目標はアルカディア(5.10b)。2便目でRP出来ました。久々の完投です。嬉しいものです。

ただその後にやった(鹿山さんに張っていただいたTPですが・・)、ボランティア(5.11a)と鶴(5.11b)はダメです。各駅停車の鈍行でやっと上まで。11はまだまだ彼方ですなあ。

遠藤さんもだいぶクライミングに慣れて来ましたので、そろそろリードですかね


追伸 : 本日もデジカメぶっ壊れのため、写真なし。味気なし。

五竜岳~八峰キレット~鹿島槍岳

2010年5月2日~4日  メンバー:武井 、中村(記) 、会員外2名
コースタイム:
5/2 9:45テレキャビン~リフト降りて~9:50地蔵の頭~11:00小遠見山~11:40大遠見山~13:00西遠見山~14:10五竜山荘のテン場で幕営
5/3 5:45五竜山荘のテン場~7:10五竜岳の山頂~12:10キレット小屋~15:10鹿島槍岳の北峰コルで幕営
5/4 6:15北峰のコル~7:55鹿島槍岳の南峰山頂~8:10冷池小屋(休憩25分)~9:45高千穂平~11:30西俣出合(休憩20分)~12:40大谷原駐車場
007地蔵の頭
021遠見尾根と五竜岳
051白岳への雪壁を登る
山行内容:1日目は、遠見尾根を登って五竜山荘で幕営した。
055五竜山荘と五竜岳
2日目は、五竜岳の山頂から急な雪壁を武井さんの指示の元クライムダウンで下った。
090山頂
八峰キレットのルートは、トレースがあって急な雪壁や岩稜帯のアップダウンを繰り返しながらキレット小屋に向かった。
133見えたキレット小屋
101キレットと鹿島槍
途中で、東尾根を登って来たパーティーに2組行き会った。キレット小屋手前は、黒部側にトラバースが続いていた。キレット小屋から急な岩壁を梯子と部分的に雪から出ていた鎖を使用して登った。一箇所、20メートル懸垂で降りてから、足元が見えない様な雪壁のトラバースが続いた。武井さんがリードしてザイルを張った。
147テント場からの南峰
鹿島槍の北峰までは、急な雪壁を黒部側にトラバースや雪稜の登りを繰り返して北峰のコルで幕営した。3日目の南峰の雪壁の登りは、ガスで見通しが悪く更に風も強く、疲労もたまっていたので途中で足が攣りそうになった。南峰山頂から冷池小屋に行く途中から晴れてきた。
174乗越(分岐)182高千穂平上尾根
赤岩尾根の下りも急で西俣出合まで緊張しながら下った。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-