FC2ブログ

湯川の氷柱

2018年2月11日

メンバー:金澤、松嶋、木村、中村、岩井(記)

湯川の氷柱を登りに行ってきました。

スタートは乱菊の氷柱から。
氷柱上部の林道にあるガードレール、
また、その近辺にある立木を使いトップロープを張りました。
氷は登り始めの頃はしっかり凍っていましたが、
氷柱上部には常に日が当たっており、お昼前には上部が緩々。
登っていたすぐ近くの氷柱が崩落するなど続けるのが危険な状態
となったため、午前中で白髪エリアへ移動しました。

白髪エリアはかなり混み合っており、初めは短い微妙なルートしか
空いていませんでしたが、15時を過ぎたあたりから
空きはじめ、色々なルートを楽しむことが出来ました。

まだまだ足にうまく乗れず、パンプと戦う登り方になってしまっているため
省エネで登れるようさらに練習していきたいと思いました。

乱菊の氷柱
IMG_3826.jpg

IMG_3837.jpg

IMG_3855.jpg

白髪エリア
IMG_3860.jpg

IMG_3862.jpg

IMG_3878.jpg

IMG_3866.jpg
スポンサーサイト

相沢奥壁の氷柱・エイプリルフールの滝

2018年2月3日

メンバー:金澤、松嶋、木村、岩井(記)

相沢奥壁の氷柱、エイプリルフールの滝に行ってきました。
奥壁の氷柱はばっちり凍ってはいましたが、右側から登るルートの上部と
左側のバーチカルなルートでは水が少し流れている状態で、先輩方には
びしょびしょになりながらトップロープを張っていただきました。

自分は左側のバーチカルなルートを登りましたが
1/3程度登ったあたりからシャワークライミングのような状態で
アイゼンが外れるなどのトラブルもありトップアウトできませんでした。

奥壁を左に回り込んだところにあるエイプリルフールの滝では
ルート上3Pになっていましたが、1P目でトップロープを張りました。
氷は奥壁よりも硬く、傾斜もよりきついため、パンプの連続でしたが
登り応えのある楽しいルートでした。

この傾斜をリードできる先輩方のようになれるよう
これからさらに練習していきたいと感じました。

奥壁の氷柱
IMG_3795.jpg

IMG_3803.png
シャワーを浴びながらのクライミング
IMG_3810.jpg
エイプリルフールの滝
IMG_3811.jpg

IMG_3799.jpg

IMG_3812.jpg

松木 黒沢

1月29日 
メンバー:川名、入江、松嶋

寒波で冷え込んだ後の黒沢に行ってきました。
冷え込んだおかげで氷は程よく硬く、よい状態でした。
他のパーティもなく貸し切り状態、青空も見え風もなく、2~4ピッチをのんびり登ってきました。
3ピッチ目の下降でロープが抜けず、登り返しをしましたが、良い勉強になりました。
快適な黒沢でした!

F2
CIMG4105.jpg

F3
CIMG4119.jpg

なめねこフォール

1月28日
メンバー:松嶋、木村、中村、金澤(記)

なめねこフォールに行ってきました。
当初は相沢、エイプリルフールのつもりでしたが、前週の降雪により登山口直前の林道が心配だったので、除雪が確実なカブコロンへ変更としました。
ところが、カブコロンは下までつながっておらず地上1.5mぐらいで氷が終わっていたため、そのまま素通りしなめねこへ転進となりました。

見た目では傾斜がゆるく高低差も短く感じるところであり、今年は簡単に登れるんではないかと思ったりしましたが、登ってみると氷は硬く高低差も30m以上あり、やっぱり楽ではありませんでした。


黒沢アイス

1月23日
メンバー:原、金澤(記)

南岸低気圧の降雪直後でしたのでアプローチはいつもより時間がかかり、氷はほぼ雪で覆われており雪を払いながらのクライミングでしたが、ほどほど楽しむことができました。F3からF4までのラッセルがきつかったです。


プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-