FC2ブログ

ヒツゴー沢

9月8日
メンバー:玉水、石川、会外4名、松島

ヒツゴー沢に行ってきました。
台風が近づき気温が上昇する中、アプローチでヒルが現れることを覚悟し行ってきました。
ヒル対策していったのですが、メンバーの半数以上はやられました。対策不足!?。
沢自体は、登れる滝・スライダー付釜も多く、シャワークライムや釜に滑り込んだりでき、楽しめます。開けて明るく、瀞やナメ滝もきれいでした。

谷川温泉~二俣~ヒツゴー沢~稜線~中ゴー尾根~二股~谷川温泉

F1
201999_190909_0001 F1

ナメもきれい
201999_190909_0002.jpg

スライダー付釜
201999_190909_0003.jpg

シャワークライム
201999_190909_0004 f7 10m

ゴルジュ
201999_190909_0009.jpg

201999_190909_0010 10m toi

チムニー
201999_190909_0015.jpg

最後の10m滝
201999_190909_0020 saigono 10m





スポンサーサイト



笹穴沢

2019.8.31(土)  笹穴沢に行ってきました。

メンバー : 金澤、松島、石橋、伊勢田、堀江(記)
コースタイム : 川古温泉5:00発 入渓6:20 金山沢出会7:45 稜線14:00 本橋駐車場16:00

大小の滝、ナメがあり、楽しい沢登りでした。
事前にコースが長いと聞いていましたが、終盤バテバテになってしまいました。
心配かけてすみません。

みんな、何故かブルー
FB_IMG_1567435443165_convert_20190903233413.jpg

天気も良く、サイコー。
FB_IMG_1567520171962_convert_20190903234033.jpg

自分、登れるかな? 大丈夫かな・・・
FB_IMG_1567518342229_convert_20190904000209.jpg

金澤リーダーにビレーしてもらい、心にゆとりを持って登はん。
FB_IMG_1567517589248_convert_20190903234323.jpg

素晴らし風景。  ジオラマみたい。
FB_IMG_1567517764473_convert_20190903234226.jpg

楢俣川へイズル沢アルキノ沢から尾瀬へ


 日時  8月31日、9月1日
   31日 奈良俣ダム~楢俣川~へイズル沢~アルキノ沢標高1436m付近
   1日 1436m~アルキノ沢~笠ヶ岳~片藤沼~咲倉尾根~奈良俣ダム

秋雨前線の影響で足尾か水上か迷ったが、前線が南下する予報が出たので水上に決めた。
31日の朝は雨だったが回復した。へイズル沢は、滝もナメも素晴らしいが濁りがありの増水。
アルキノ沢は、快適で、標高1700m付近からは、岩とハイマツ帯と尾瀬らしいお花畑の中を
楽しみながら笠ヶ岳へ   
帰りに片藤沼寄ると、風景はとても良く尾瀬に着たのだから納得した。下山する咲倉尾根を
スキーの偵察したが、無理アップ、ダウンの長い尾根でした。

ヘイズル沢 014
豪快に滝    右から高巻いた

ヘイズル沢 027
更に豪快な滝  風水圧でちかよれず 戻って右から巻いた

ヘイズル沢 029
神秘的のゴルジュ   ここも 戻って巻いた

ヘイズル沢 048
シバ沢とアルキノ沢の出合い   右がアルキノ沢
 
ヘイズル沢 075
笠ヶ岳まで標高400m この先は  岩とハイマツ帯と素晴らしいお花畑

ヘイズル沢 098
片藤沼の風景    尾瀬に来れて良かった
                                                         Tamamizu

米子沢

2019/08/24(土)
松嶋、ばし[記]
駐車場 7:23 - 米子沢 - 避難小屋 11:15 - 駐車場 13:10

令和初の米子沢に行ってきました。
天候は曇り予報でしたが、予報通りほぼ曇り。
せっかくのナメも景色が楽しめず残念でしたが、行動しやすい気候で下山が快適でした。

駐車場に戻ると、米子沢で滑落した方がいたそうで消防車が数台停まっていました。


IMG_20190824_080918.jpg

IMG_20190824_083451.jpg

IMG_20190824_085103.jpg

FB_IMG_1566650745934.jpg

IMG_20190824_093332.jpg

ナメはこんな感じ
IMG_20190824_102301.jpg

ガスのおかげで快適な下山がほんとうにうれしい
IMG_20190824_120209.jpg

仙ノ倉谷西ゼン

8/18(日)
メンバー 金澤、石橋、伊勢田(記)
コースタイム
車止めゲート4:40→入渓地点6:00→稜線12:00→車止めゲート14:45

長大スラブが楽しい?という西ゼンに連れて行っていただきました。
沢登りに慣れていない自分にとってはスラブの登りには気を遣いましたが
それよりも稜線までの藪漕ぎが強烈に印象に残りました。

付いて行けずに序盤から勝手に休む。(スミマセン。。。)
1_67955088_713071609137218_8067250145957249024_n.jpg

一つ目の大スラブ。とにかく慎重に歩く。
2_68830080_2357462337674137_7177388679491485696_o.jpg

二つ目。やっぱりとにかく慎重に歩く。
3_68691438_2357477727672598_6563857317131976704_o.jpg

4_68353064_2357485007671870_6556267392660406272_o.jpg

1ヶ所、ロープ出していただきました。
5_190818.jpg

ネマガリタケの密ヤブ。1ヶ所ルーファイ誤り藪漕ぎ2時間というおまけが付きました!
6_68495348_2357486414338396_4626339471883763712_o.jpg

ちょっとマシなところ。先輩は進む!進む!
7_68856286_2325865477504210_8170869809681006592_o.jpg

登山道に出たときの嬉しさと言ったら!!
8_68833027_2357489357671435_2205618414058209280_o.jpg

下山路から見た西ゼン。どこでどう行ってしまったのかひとしきりみんなで議論。
9_68932393_2325865347504223_4838202413229801472_o.jpg

事前調査の重要性、遡行中は集中してルートを見極めなくてはならないこと、不測時に備えて体力気力も残しておかなくてはならないことなど勉強になったとともにとても貴重な経験をさせてもらうことができました。
助けてくれたメンバーに感謝です。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-