松木川小足沢大滝上の偵察

2017年8月6日  (日)  曇り時々晴れ

メンバー:カメラマン、Tamamizu

小足沢大滝の滝上に魚たちが生存しているか分からないのでカメラマン様と
偵察して来ました。(亜硫酸ガスや大水で全滅してまったのか滝上に 移植
放流しても定着が困難だったのか不明だったので)


小足沢 001
松木川と三沢の出合い

小足沢 003
小足沢 出合い20mの滝
この滝すぐ奥に100m前後の滝があるので右岸尾根から滝上に出る


小足沢 005
小足沢右岸尾根から撮った小足沢左岸尾根と三沢

小足沢 009
小足沢右岸尾根から小足沢大滝上部に降りるカメラマン

小足沢 010
りょうぶの花
りょうぶが群生していてテント場に良い  また  ここの りょうぶは人工林らしい

小足沢 011
小足沢大滝の上
滝上で魚たちの偵察をした結果 魚たちの生存を確認出来たので下山する

小足沢 012
小足沢右岸尾根を降りるカメラマン

小足沢 017
夏の黒沢    帰りです


おまけ
みちくさの手前で横田さんと会う
小足沢 018
オス熊の撮影中
望遠レンズと肉眼で熊を確認させて頂きました

横田さんは森の大者の治作でテーマは不明だがNHKBSプレミアムで8月14日放送予定との事
メス熊の次郎 その後はどうしていますか 分かります      足尾の熊たちはあり食いだ
スポンサーサイト

米子沢

■日付
 8月5日(土)
■メンバー
 金澤、木村、ばし(記)
■行程
 桜坂駐車場 06:40 〜 米子沢 〜 避難小屋 11:00 〜 巻機山(手前のほうまで) 11:30 〜 井戸尾根 〜 桜坂駐車場 13:30

自身にとって3回目の沢登り、巻機山の米子沢に行ってきました。
沢の遡行中はほとんど曇り空だったのが残念したが、米子沢の景色を堪能できました。

先輩方には沢登りの足運び、ルートファインディングなど注意・助言のほか、
途中ザイルも張っていただきました。ありがとうございました。



最初は水の無い河原を進みます。
RIMG0243.jpg

RIMG0248.jpg

20642317_696324740561953_1151481235_o.jpg

ここのトラバースが少し不安だったためザイルを張ってもらうことに。
RIMG0258.jpg

雪渓の上流側より。上流側からみて左側の斜面を巻きました
RIMG0268.jpg

行き詰まってしまったためまたしてもザイルを出してもらい...
RIMG0269.jpg

青空を背景にした滝はとてもきれいで
RIMG0276.jpg

20642056_696324477228646_1350368216_o.jpg

大ナメに着いたときにはガスに覆われていました
RIMG0283.jpg

雪渓は慎重に通過しました
RIMG0297.jpg

稜線も良い景色でした
RIMG0327.jpg

沢宴会

7月8日~9日
木村

沼田山岳会の"釣りと宴会"に参加させて頂きました。

梅雨明けを思わせる強烈な日差しを浴びながら山塊の懐深くまで釣り上がりブナの森にて焚火を囲み一夜を過ごす。
沢山の岩魚、豪華な料理、たまにはこんな優雅な遊びも良いものです。

来年もまた宜しくお願いしたします。

19894834_833662226797549_6839687027020002280_n.jpg

19961655_683963168464777_7014818751630508857_n.jpg

19875219_683965098464584_7324473637568901948_n.jpg

前川大滝沢

2016年10月22日
12メンバー:きむら、まつしま

涼しくなりましたが、癒しの沢、前川大滝沢に行ってきました。
紅葉・滑沢・大滝、噂通りにとてもきれいでした。
美渓の沢としては、トップクラス。
へつりは、ちょっと厳しいところもあり良いスパイス!
また行きたい楽しい沢でした。

入渓 7:20 ⇒ 大滝 8:10 ⇒潜滝 12:40 ⇒登山道 10:20 ⇒大滝見晴台 14:05 ⇒駐車場 14:20


M3276
入渓地点の橋の上から。ここからきれいです。

M3288
ナメ滝

M3290.jpg
滑沢

M3295
大滝 120m 大迫力 

M3300.jpg
釜の右壁をへつって越えようとしましたが・・・。

M3301
行けそうで、行けない。クライミングシューズほしい!

M3302
下からトライ、でも難しい!最後は、釜に足を入れたら、ひざ上くらいしかなく、難なくクリア!

M3350
小滝の連続!

M3351
ちょっとだけ、シャワークライム!

M3405
中央突破を試みるが・・・。

M3407
やはりこの傾斜は登れない。!

M3450
潜滝

M3451
潜滝下側の釜は、エメラルドグリーン

赤木沢

■日付
 8月20日(土)〜8月21日(日)
■メンバー
 木村、松嶋、石橋(記)
■行程
 8月21日
  折立キャンプ場 7:10 〜 太郎平小屋 10:15 〜 薬師沢小屋 12:28 (小屋泊)
 8月22日
  薬師沢小屋 5:10 〜 赤木沢出合 6:15 〜 大滝 7:50 〜 赤木岳稜線 9:30 〜 太郎平小屋 11:20 〜 折立キャンプ場 13:25

今回は1日目の折立〜太郎平と、2日目の赤木沢遡行で京都雪稜会の渡部さん、上田さんと合流しての行程となりました。
経験豊富なお二方にパーティーの先頭を引っ張って頂き大変心強かったです。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
(私はお二人の京都弁の会話を聞いて和んでました)

赤木沢は期待通りの美しい沢でした。
天候が良く、危険な箇所も少なかったため沢登りを充分楽しむことができました。
木村さん、松嶋さん、今回はいろいろフォローしてくださりありがとうございました。
共同装備、写真撮影など任せっきりだったので、次回はもっと担当します。


8月21日0時頃に太田市を出発し、4:50に有峰林道料金所前着。
IMG_0904.jpg

6時に有峰林道が開通し、折立キャンプ場にて渡部さん、上田さんと合流。
太郎平小屋を目指す。
IMG_0813.jpg

太郎平小屋で昼食。
薬師峠キャンプ場でテント泊をする京都のお二人と別れ、薬師沢小屋へ向かう。
途中通り雨にあうも、すぐに止んだため雨具は必要なかった。
IMG_0814.jpg

薬師沢小屋の夕食。ごはんと味噌汁はおかわり自由。
IMG_0831.jpg

朝5時前。天候は良さそう。
薬師沢小屋前で渡部さん、上田さんと再度合流。
IMG_0832.jpg

赤木沢出合に入る。
IMG_0905.jpg

撮影は松嶋さん
IMG_0872.jpg

日が指して水面が輝く
IMG_0894.jpg

30m大滝は画像のさらに手前右側から高巻き。
高巻きで登り過ぎてしまったため、少し下って滝の上に出られた。
私は今回初めて藪漕ぎをしたが、笹が非常に滑りやすいく、慎重に進んだ。
IMG_0900.jpg

沢が枯れると草の斜面を登る。
沢靴のフェルトソールが滑るため足に力が入る。
稜線に出ると沢装備を解いて下山開始。
京都のお二人はテント撤収のため、ここで別れる。
IMG_0903.jpg

北ノ俣岳付近で雷鳥をみかける。
IMG_0906.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-