平標山 BCスキー・スノーボード(敗退)

■日付
 2月19日(日)
■メンバー
 玉水、石橋(記)
■行程
登山口 8:30 〜 ヤカイ沢沿いから尾根に取り付き 〜 平標山稜線 12:00 〜 下山 12:30 〜 登山口 15:00

冬の平標山に行ってきました。
登山口に着いた頃は自動車が10台ほど。
玉水さんはスキー、自身はスノーボードをザックに取り付けてスノーシューで登りました。
先行のトレースはスキーのみ。

スノーボードの重みに耐えながら登りましたが、スキーの玉水さんとは常に差が広がる一方で、登りのスピードに明確な差がでました。

稜線に着いたものの、強風と視界不良のため山頂は踏まずに下山。

下山コースの最難関はヤカイ沢下部で、スノーボードを何度も着脱しながら間隔の狭い林間部を下りました。

Unknown-3_convert_20170221220758.jpeg
ヤカイ沢に向かうトレース

Unknown-2_convert_20170221220738.jpeg
国境稜線に向かう先行パーテー

平標山 021
国境稜線から滑走
視界が悪いが小屋に向かって滑る


平標山 023
平標山の家
小屋の中で昼飯を食べて滑走地点に向かう

平標山 028
下山する左の尾根に出る
強風なのでこのままくだる

平標山 029
ぶなの樹林帯
無事に安全地帯に着きました

スポンサーサイト

家ノ串山

1月29日 (日) 晴れ

メンバー:鎌倉の加藤さん、Tamamizu

中ノ岳を目指したのだが都合により家ノ串山北東面の西俣沢偵察に変えた


中ノ岳 001
前武尊から向かう家ノ串山

中ノ岳 004
諦める中ノ岳
中ノ岳山頂から単独者が西俣沢を滑って行った

中ノ岳 006
家ノ串山山頂から戻る

中ノ岳 007
前武尊山に戻る途中
モナカ雪で手こずりながら5時まで遊んだ
(花咲に泊まり30日に玉原から獅子ヶ鼻山&鹿俣山の北西から夜後沢を滑る計画をしていたのでのんびりしていた)

30日の朝、川場村役場付近で玉原に着いていたOBの飯塚さんから連絡があり、川場も玉原も夕方まで雨との事で中止する

湯檜曾川スノーシュートレッキング

1月22日(日)ピーカン! メンバー:恭子、ゆり子、三田(記)
低気圧が去った直後の好天をにらみ、ゆる登山グループは湯檜曾川を遡行、一ノ倉沢出合いまで行ってきました。
土合橋で有名人・谷川岳1300回おじさんと談笑。本日は数年に一度あるかないかの天気とのことでした。
ichisnow8.jpg
ichisnow6.jpg
ichisnow7.jpg
歩きながら徐々に移り行く雪景色に感動しました。スノーシュー歩行初めてのお二方にも、私にとっても良い思い出になりました。
ichisnow3.jpg
メンバーの晴れ女?の皆さん、本日もありがとうございました!
ichisnow5.jpg
ゆる登山グループはマイペースですが、次はどこ行こうか、道具は何揃えたらいい?徐々にですが、レベルアップしてます。(微笑)

家ノ串山

1月7日 [晴れ)

メンバー:Tamamizu

片品村花咲の親戚に用事があったので、ついでに家ノ串山を計画しました。

家ノ串山 014
前武尊山頂手前
先行者が3名いて山頂から滑走していった

家ノ串山 028
家ノ串山
前武からは貸し切りで家ノ串山を目指す

家ノ串山 033
家ノ串山手前
雪が少なかったせいか川場側を巻かないで登れた

家ノ串山 046
家ノ串山の先から撮った本山と中ノ岳
家ノ串の北斜面&中ノ岳の南東斜面は滑走には良いですね
単独なので、ここで昼休みしてのんびり下山する

家ノ串山 051
貸し切りの家ノ串山を滑り振り返る
登りと滑走のトレースが薄い

おまけ
今後、前武尊での山スキーが厳しくなるような理由は今日は土曜なのにお客様が少ないし
駐車場もタダでした。5日に来た時もお客様ほとんどいない状態(風雪が影響したか
利益が無ければスキー場の営業はピンチです
なので、スキー場のリフトを止めないためにはどうするか前武尊で山スキーを続けるには回数券4枚買って下さい。
また、武尊スキー場(現オグナホタカ)にみなさん来て下さいね

前武尊山

1月5日(木) 風雪

メンバー:木村、Tamamizu



続きを読む

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-