飯豊本山 本社ノ沢偵察

2017年 5月21日  (日)   晴れ

メンバー:Tamamizu

飯豊本山に登る最短ルートである本社ノ沢を計画したが、本社ノ沢手前80mで
雪が切れていて敗退した。その後は大又沢を遡行したのだが、ブヨの軍団と戦
いながら先を目指していたが、苦戦して登山道に逃げ出して下山した。

大日杉小屋5:20-地蔵岳7:20ー本社ノ沢手前8:00
大又沢 標高1300m付近9:30-登山道10:30-大日
杉小屋14:30

飯豊本山 004
標高800m付近   花が咲き始めました

飯豊本山 015
地蔵岳です   標高1200m付近からシール登高

飯豊本山 018
地蔵岳山頂から飯豊本山を撮る
谷間が本社ノ沢  上部は右俣と左俣でどちらも急斜面だ

飯豊本山 021
地蔵岳から標高400m滑り大又沢に向かう  写真は地元山形の4人パーテーが下降中

大又沢出合いから少し下ると本社ノ沢だが

飯豊本山 025
本社ノ沢手前80m地点  ステップを作りフェクスロープを張る若い二人組

単独者は手前の雪渓からルートを取る

大又沢に落ちたら戻れないので山形の4人と私はここで敗退

飯豊本山 028
大又沢標高1300m付近  ブヨとの戦いに負けて敗退
山形の4人パーテーは地蔵岳に戻ったが私は大又沢を遡行した。だが、朝から一緒
だったブヨと戦い続けていたのだがブヨが大群になると左右の手が腫れて来た(毒を
しぼる暇が無かった)ので登山道に逃げる

飯豊本山 032
登山道から飯豊本山を撮る

飯豊本山 043
新緑と残雪の中で滑り納めです

飯豊本山 047
無事に大日杉小屋に到着出来ました

おまけ
下山中に地蔵岳の山頂でブヨと遊んでいたら大丸森山を敗退した女性がきて
会話したら飯豊本山から3人が本社ノ沢を滑るのを見てたの事でした


スポンサーサイト

富士山

■日付
 5月14日(日)
■メンバー
 玉水、K(会外)、石橋(記)
■行程
 富士宮5合目 06:15 〜 8合目 10:00 〜 9合目 11:00 〜 浅間大社 12:05 〜 剣ヶ峰 12:20 〜 14:30 富士宮5合目

玉水さん、Kさんはスキー。石橋は徒歩で富士山へ行ってきました。
当初は富士吉田から登る予定でしたが、5合目に至る車道が雪崩による通行止めだっため、富士宮から登ることになりました。

前日5/13 18:30頃に富士宮5合目に到着し、テントを張って宴会。
当日4:30に起床し、ゆっくり朝食をとってテントを撤収してから登り始めました。

7合目までは雪がなく、7合目以降は30度前後の傾斜が続くため、スキーヤー、スノーボーダーは板を背負いブーツにアイゼンをつけて山頂を目指していました。

Kさんは体調がよくないとのことでパーティーを別れ、8合目から滑って下山。

その後玉水さんと石橋も9合目で別れ、石橋のみ剣ヶ峰登頂。
3600m付近で玉水さんと合流し、下山しました。



夕日の富士山
IMG_1824.jpg

7合目あたりまでほとんど雪はなく
IMG_1837.jpg

このような登りがつづく
IMG_1840.jpg

この日は常に雲海の上でした
IMG_1849.jpg

9合目より
IMG_1854.jpg

富士山 002


日暈、halo
IMG_1855.jpg

もうすぐ山頂
IMG_1858.jpg

ここから剣ヶ峰まで、強い西風に向かって進む
IMG_1862.jpg

ここを滑るひとたちも
IMG_1871.jpg

風よけになってくれる観測所がとてもありがたい
IMG_1872.jpg

海がみえました
IMG_1864.jpg

玉水さんの滑走
7合目手前まで雪がつながっていました
IMG_1876.jpg

乗鞍岳スキー

5月5日

メンバー:木村、石橋、金澤(記)

三本滝駐車場6:30~山頂10:00~三本滝駐車場11:00

乗鞍岳へスキーに行ってきました。
午後になるとガスが出る予報でしたが、それまでに下山してしまおうということで行ってきました。
鹿島槍の山行から中1日であったため、疲労が抜けておらず最後まで足が思うように動きませんでした。


スタート時にははっきりと見えていた山頂ですがすぐにガスがかかり始め、風も強くなってきます。

P5052010_R.jpg
途中、ガスが下りてきて視界も悪くなりましたが、その後はガスが抜けたり、再びガスったりという感じでした

P5052011_R.jpg
穂高連峰がはっきりと見える時間帯も!

P5052013_R.jpg
当初山頂から滑り始める予定でしたが、ところどころ岩が露出していたため、直下のコルからスタートしました。雪質は重く快適とはいきませんでしたが、3000mからの滑走を楽しむことができました!

窓明山から丸山岳敗退

4月29日~5月2日

メンバー:Tamamizu

30日に坪入山と高幽山の鞍部付近にテントを張り、1日に丸山岳までの往復。
2日は下山日で予備日無しの計画を立てのたが1日が朝から雨で昼前に下山
を決めた。

29日夜 桧枝岐のスキー場で仮眠

坪入山 002

30日 登山口5:30-窓明山9:30-坪入山11:00
     1712m付近12:00-1570m付近12:30

坪入山 015
窓明山の山頂
4月16日に窓明山頂まで荷上げしたスキー、ガス、酒を回収して坪入山に向かう。

坪入山 020
窓明かろ滑る
滑走してすぐに滑落した。良かったのか慎重にと斜滑降が多くなる。
坪入山までは前日のスキーのトレースがあった。

坪入山 023
ナイフリッジが現われる
坪入山の先で出た。落ちてもよい方向に移動しながらナイフの先端にスキーを乗せて越える。

坪入山 037
坪入山 041
1570m付近
2頭の熊の足跡が黒谷側から袖沢側ある。雪壁と雪稜でテント場に良いので熊を探しに行く。
居ない様なのでテント場にする。

坪入山 050
御神楽沢と三岩から中門の山々か
いつかは会津駒をベースに中門岳も滑りに行きたいです。

坪入山 046
高幽山、梵天岳で丸山岳は小さく見える
明日の天気が不安定なので高幽山までは行きたいと思っていた。

1日 1570m付近11:20ー坪入山13:00-窓明山14:30
   尾根間違え15:00-1436m登山道鞍部16:00
朝から雨だが高幽山の準備をしていた。回復の見込みがないので10時に下山を決める。
雨の中で面倒な撤収と下山はいやだが、テントの中で停滞しているよりも良かったからだ。

坪入山 057
ナイフリッジ通過
視界が悪いが無事に通過。
 
坪入山 059
坪入山付近
前日のトレースを探しながら進むが難しい。

窓明山山頂で残りの荷物を回収してシールのまま滑る。

坪入山 061
家向山と下山尾根
樹林帯を滑っていて尾根を間違えていた。
登り返して正規の尾根を滑り1436m登山道の鞍部にテントを張る。

無事に今日の行動が終了出来ました。浅草岳の帰りに買った
玉川酒造の越後武士で坪入山の登頂を祝う。

2日 1436m登山道鞍部7:30-窓明山9:00ー登山口12:00

晴れてきたので窓明山に登り下山する。

坪入山 070
三岩や窓明は雪雲の中

坪入山 074
昨日の熊のあと
先週、浅草岳から下山後、浅草大橋付近で地元の元猟師が熊を見ていた
のを思いだした。日帰りならこの時期から熊撃退スプレーを持てば安心かも

坪入山 080
坪入山 079
3日連続で4回目の窓明山登頂

山頂から滑走中に丸山岳を目指す単独女性と二人組に合い会話する。
私は敗退したので頑張れと応援した

坪入山 098
家向山西峰から窓明山を振り返る

目指せ いつかは 丸山岳    では、 また来年

至仏山 BC

■日付
 5月2日(火)
■メンバー
 Sさん(会外)、いしばし(記)
■行程
 鳩待峠 07:30 〜 至仏山 10:25 〜 オヤマ沢方面へ滑走 11:10 〜 鳩待峠 12:50

至仏山へスキー、スノーボードで滑りに行ってきました。
Sさんはテレマークスキー、いしばしはスプリットボード。

4/30は至仏山へ多数の入山者があったそうなので、5/2当日の00:30頃に鳩待峠へ続く林道のゲート前の車列に並び、開通まで仮眠しました。
ゲート前到着した00:30頃で10台、5:30頃には22台ほど並んでいました。

06:00にゲート開通し、鳩待峠の駐車場に駐車。※駐車料金は普通車で2,500円/日
一般車両用の駐車スペースが少ない気がしました(数えてませんが数十台程度)。
当日早朝に出発する場合は乗り合いバス、タクシー利用が確実と思います。

至仏山への行程では難しいところはなく、快晴のもと気持ちの良い登りとなりました。
登山者の装備はスノーボード、スキー、歩行がそれぞれ同程度か、もしくはスノーボードのひとが少し多いようでした。

雪が緩んできた頃に山頂から広大な斜面を滑走開始。
板がよく走り、楽しい滑走となりました。

鳩待峠への帰路には、登り返しを嫌ってオヤマ沢南面のトラバースを試みましたが、複数の沢状地形に行く手を阻まれ、結果として困難なルートとなりました。
沢沿いに鳩待峠に続く登山道まで滑走し、そこから鳩待峠まで登るのが良かったかもしれません。




登り始めから目的地が見えるのがうれしい


樹林帯を抜けたところ


長いトラバースですが足場はしっかりしていました


尾瀬ヶ原と燧ヶ岳


山頂直下の滑走面


オヤマ沢方面


小至仏のトラバース風景


ここから苦労しました


プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-