黒い稜線の丸山岳ほ無理だった

4月29日~5月1日 3日間晴れ
メンバー:Tamamizu

29日 窓明登山口~家向尾根~窓明山~坪入山~1583m
30日 1583m~高幽山~梵天岳~高幽山~坪入山~1612m
1日 1612m~窓明山~家向尾根~窓明登山口

29日は、15日に窓明山手前にデポしたスキーを回収してシール登高の開始です。窓明山の
先と坪入山の先のナイフリッジで雪が切れていて手間取る。時間が早いが1712mのピークか
ら少し下り1583m付近、鞍部の手前にテント泊
30日は、高幽山の登りと下りで雪切れが数カ所有ったが藪から巻けた。梵天岳からはトレー
スの有る藪越えが続くが、往復で4時間暗いの藪越え出来る体力が無いので下山を決めた。
下山の途中で藪越えの無い窓明山まで行こうと思っていたが、窓明山手前の鞍部1612m
付近で力尽きテント泊
1日は、4カ所の荷上げで無事に窓明山に戻れた。

丸山岳 007
鞍部から高幽山

丸山岳 024
梵天岳と、奥が丸山岳

丸山岳 046
梵天岳から撮った丸山岳

丸山岳 048
丸山岳までは、黒い藪の稜線

丸山岳 057
奥只見ダムと未丈ヶ岳

丸山岳 058
三岩岳から尾瀬の山

丸山岳 096
窓明山を目指す。次のピークが窓明山
無事に下山して、新しくオープンした窓明の湯の中で思った事は、
目指せ いつかは 丸山岳
スポンサーサイト

至仏山スキー

4月22日

原、金澤

スキーを楽しんできました。
8時前に山頂に到着し、山頂からと、小至仏ピークから2本滑って帰りました。
今年は雪がかなり少ないです。


守門岳

■日付
 3月25日(日)
■メンバー
 玉水、ばし[記]
■行程
二分登山口 07:30 〜 保久礼小屋 09:10 〜 大岳 10:45 〜 守門岳 11:55 〜 大岳 13:00 〜 中津又岳の尾根を滑走 〜 保久礼小屋 14:00 〜 二分登山口 15:30

守門岳に行ってきました。
7時すぎに登山口に到着した頃には既に路上に数十台の車が停まっていました。

西川の橋を渡り 急な登りを越えると大岳まで緩やかな沢と尾根。
保久礼小屋付近までは杉林が続きます。花粉がきつい。
天候は終日晴れ。稜線上は北西のやや強い風でしたが。滑走時は風がなく良い気候でした。

大岳直下の不動平は視界が開けた広い尾根で、前方に沢山の人が登っているのが見えました。
スキー・スノーボードと登山者で半々くらい。

大岳山頂は充分なスペースがあり守門岳の雪庇がよく見えました。
雪庇はだいぶ崩れたようですが、それでも日本一と言われるのも納得なサイズでした。
大岳でスキー・スプリットボードをデポし、ブーツにアイゼンを着けて守門岳の山頂へ向かいました。

下山は大岳に戻ってから隣りの中津又岳の尾根へトラバース。
尾根を保久礼小屋まで滑走し、往路を下山しました。

下山時、長峰付近で下る尾根を間違えてしまい二十分ほどかけて下山路に復帰。初の遭難を経験することに…。


杉です。
IMG_2715.jpg

埋まった避難小屋
IMG_2719.jpg

たぶん不動平。雪が良ければここを滑るだけで楽しそう
IMG_2726.jpg

守門岳の雪庇が見えます
IMG_2736.jpg

守門岳から大岳。こっちにも雪庇。
IMG_2747.jpg

パラグライダーを担いで登っていた人が飛んでました。
IMG_2751.jpg

大岳からこの斜面をトラバース。手前部分がガリガリで少し緊張してしました。
IMG_2790.jpg

スベり方が悪いのかトラバース中はふくらはぎが痛い。
IMG_2801.jpg

この尾根は良い雪でした
IMG_2794.jpg

大岳を振り返って
IMG_2795.jpg

クラシックルート

3月25日(日)
木村

何度か計画しことごとく中止となった谷川岳~赤谷源頭~万太郎~毛渡沢ルートに行って来ました。

P~土樽(6:28)~JR~土合~谷川岳BP(7:15)~天神平(7:40)~肩の小屋(9:25)~赤谷源頭DP(10:55)~万太郎山(13:20)~毛渡沢林道~P(15:50)
久しぶりのスキーで滑り方をすっかり忘れてしまい降りるのに苦労しました。
ゲレンデ練習しておけばよかったです。
とは言え、長年の懸案だったルートを滑れて感慨無量です。
素晴らしいルートでした。

爼倉からの縦走者とすれ違う。ここも行ってみたい。
DSC_0009.jpg

万太郎に登る途中にて滑り降りた赤谷源頭を見る
DSC_0016 (1)

ドロップ地点。台地に向かって滑ります。
DSC_0021.jpg

滑った斜面を見上げる。
DSC_0025 (1)

仙ノ倉の斜面
DSC_0026.jpg

神楽ヶ峰

■日付
 2月27日(火)
■メンバー
 ばし[記]

かぐらスキー場のリフト終点から神楽ヶ峰に行ってきました
終日晴れ、風もほとんどなく快適でした。

神楽ヶ峰から東へスキー場へ降りるだけの簡単なルートを2度滑りました。


トレースしっかりしてました
IMG_2581.jpg

晴天すぎる
IMG_2583.jpg

神楽ヶ峰稜線
IMG_2585.jpg

苗場
IMG_2593.jpg

ここから田代第8リフト降り場へ滑りました
IMG_2595.jpg

2度目の登り
IMG_2602.jpg

2回目の滑走は尾根沿いに反射板を目指しました
IMG_2613.jpg

振り返って
IMG_2616.jpg

反射板
IMG_2625.jpg

ここは急斜面で難しく
IMG_2627.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-