布引尾根手前まで(みなかみ町)


2017年3月26日   雨&雪&小雨

       メンバー : Tamamizu

計画では、宝川温泉から板幽沢の右か左を登高して布引山、小烏帽子、
雨ヶ立を目指していたが、こんな天気なので2,3時間のハイキングに
変更したが、のんびりと6時間近く遊べました。


宝川温泉 007
昔の釣り管理場
積雪は平年並なのか

宝川温泉 009
板幽橋から板幽沢を撮る
ここからは林道を進み布引尾根コースにする

宝川温泉 012
カラ松林を越えて布引尾根を撮る
尾根の向こうには白ケ門が(ガスで見えないが,晴れてれば見えると思う

宝川温泉 017
標高1300m付近 布引尾根の支尾根
重い雪とシールがダンゴで登高を諦める事と、どのように滑走するか悩む

宝川温泉 023
滑走開始
スキーが潜水艦だスキーの先端が雪上に出せない
ので、停止して向きを変えながら標高をさげる。

宝川温泉 025
トンネル出口のすぐ下

湿雪&小雨の中で無事に山スキーが楽しめました。


スポンサーサイト

柄沢山(南魚沼)

H29.3.26
金澤、木村(記)
駐車場(6:30)〜稜線手前まで〜駐車場(10:50)

風が強くなり稜線手前にて下山

DSC_0002_convert_20170326155644.jpg

DSC_0005_convert_20170326155707.jpg

DSC_0004_convert_20170326155724.jpg

赤谷川源頭〜万太郎〜毛渡沢、敗退

3年連続敗退
さすがに言葉がありません...

金澤、原、児玉、木村(記)

土樽駅〜土合駅〜RW〜天神尾根〜肩の小屋〜天候回復を期待し待機したが断念〜西黒沢〜土合駅〜土樽駅

BP周辺でも風が強かった為に乗車を遅らせ天神平へ
一部青空が覗き期待が高まる
DSC_0001_convert_20170323200123.jpg

肩の小屋で更に待機
天気は回復したが風は弱まわらず、時間も押してきたので西黒沢にて下山
DSC_0006_convert_20170323200154.jpg

上部はそこそこの雪質だがすぐに重い新雪となり苦労しました
DSC_0009_convert_20170323200212.jpg

前武尊 BC

■日付
 3月4日(土)
■メンバー
 玉水、木村、石橋(記)
■行程
 オグナほたかスキー場 8:55 〜 山頂リフト 9:30 〜 前武尊 10:15 〜 家ノ串山 11:15 〜 前武尊 12:30 〜 〜オグナほたかスキー場 13:30

晴天の中オグナほたかスキー場〜前武尊〜家ノ串山に行ってきました。
玉水さん、木村さんはスキー。石橋はスノーシュー/スノーボード。

山頂リフト降り場では前武尊方面へ向かうスキー、スノーボードの方がたくさんいました。下山までに見かけただけで30人以上は入山していました。
そのうちスノーボードが7割ほど。

前武尊までの登りは汗ばむ暑さでした。
その後剣ヶ峰をトラバースして、家ノ串山まで歩きました。

家ノ串山から前武尊方面へ滑走。来た道を戻って剣ヶ峰を再度トラバースし、前武尊に登り昼休憩。その後スキー場方面を滑走し、ゲレンデに合流し下山しました。

石橋は滑走で何度も転びましたが、新雪ではなかったのでそれほど埋まらずに済みました。
また、スノーボードはスキーのように歩けないので、山での滑走時はスタート時に滑走経路とゴールを定めておくと楽ができるるので、事前にコースをイメージすることが重要と実感しました。

前武尊がとても賑わっていました
IMG_1407.jpg

前武尊から剣ヶ峰に向かう
家ノ串山3月4日 001

剣ヶ峰からしばらく続くトラバース
IMG_1413.jpg

この斜面は大きめの段差があって登るのに苦労しました
IMG_1416.jpg

前武尊方面
IMG_1423.jpg

本日のハイライト 家ノ串から一番目で滑走
家ノ串山3月4日 013
家ノ串山3月4日 017
家ノ串山3月4日 019


ゲレンデに合流する斜面が比較的滑りやすく楽しめました。
IMG_1438.jpg

平標山 BCスキー・スノーボード(敗退)

■日付
 2月19日(日)
■メンバー
 玉水、石橋(記)
■行程
登山口 8:30 〜 ヤカイ沢沿いから尾根に取り付き 〜 平標山稜線 12:00 〜 下山 12:30 〜 登山口 15:00

冬の平標山に行ってきました。
登山口に着いた頃は自動車が10台ほど。
玉水さんはスキー、自身はスノーボードをザックに取り付けてスノーシューで登りました。
先行のトレースはスキーのみ。

スノーボードの重みに耐えながら登りましたが、スキーの玉水さんとは常に差が広がる一方で、登りのスピードに明確な差がでました。

稜線に着いたものの、強風と視界不良のため山頂は踏まずに下山。

下山コースの最難関はヤカイ沢下部で、スノーボードを何度も着脱しながら間隔の狭い林間部を下りました。

Unknown-3_convert_20170221220758.jpeg
ヤカイ沢に向かうトレース

Unknown-2_convert_20170221220738.jpeg
国境稜線に向かう先行パーテー

平標山 021
国境稜線から滑走
視界が悪いが小屋に向かって滑る


平標山 023
平標山の家
小屋の中で昼飯を食べて滑走地点に向かう

平標山 028
下山する左の尾根に出る
強風なのでこのままくだる

平標山 029
ぶなの樹林帯
無事に安全地帯に着きました

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-