太田市民ハイキング(那須岳)

6月25日
太田市民の皆様 岩井 半田(記)
天候が心配されましたが、時折青空や薄日射す過ごしやすい天候のなか役員を含め総勢56名が参加しました。
ケガもなく、コースタイムぴったりで、皆さん笑顔で山行を楽しまれていました。今回は茶臼岳のみでしたが、朝日岳も登ってみたいと思いました。今回は若い方の参加もあり、次回もぜひ皆さんご参加いただきたいです。

峰の茶屋8:30-茶臼岳10:40-牛ヶ首-峰の茶屋13:50


続きを読む

スポンサーサイト

中倉山・沢入山

中倉山〜沢入山
■日付
 6月16日(金)
■メンバー
 ばし(記)
■行程
 銅親水公園 06:20 〜 井戸沢付近の尾根 06:55 〜 中倉山 08:50 〜 沢入山 09:45 〜 中倉山 10:58 〜 中倉山登山口 11:30 〜 銅親水公園 12:15

稜線を歩きに中倉山、沢入(そうり)山に行ってきました。

銅親水公園から橋を2つ渡り、砂防ダム工事をしていた井戸沢付近から、中倉山南東側の尾根を登りました。
尾根沿いを真っ直ぐ登るだけですが、ところどころ踏み跡が見つからず、ちょっとした藪漕ぎもあり思ったよりも緊張感のあるルートでした。

稜線に出てからは、周囲の森林地帯とは全く違った景色の中を歩くことができ、とても気持ちのよいコースでした。

下山は中倉山南側の尾根をくだりました。


ここの左の斜面から尾根に登りました。
DSC02668.jpg
尾根沿いに真っ直ぐ
DSC02675.jpg
お花
DSC02676.jpg
稜線にでるまでに赤テープ3カ所くらい見つけました
DSC02688.jpg
右側の尾根から登ってきました
DSC02692.jpg
しっかりした踏み跡を見ると安心します
DSC02700.jpg
樹林帯を抜けて稜線にでたときの開放感
DSC02703.jpg
よい標識。うしろにあるのは沢入山手前のピーク
DSC02705.jpg
ひろい。おくに皇海山
DSC02713.jpg
1本のブナの木。以前北側からみたときは、稜線にこの木が1本だけ見えていた気がします
DSC02718.jpg
沢入山手前のピーク。シンボルマークらしいです
DSC02741.jpg
これもよい標識
DSC02732.jpg
稜線の北と南で景色が違ってました
DSC02747.jpg
くだりはこの分岐を右へ行きました
IMG_1973.jpg
急な斜面をジグザグくだって林道に到着
IMG_1980.jpg

男体山

■日付
 6月4日(日)
■メンバー
 えんどう、ばし(記)
■行程
 二荒山神社 07:20 〜 5合目 08:30 〜 山頂 10:15 〜 昼食 〜 下山開始 11:00 〜 二荒山神社 12:50

当初平標山に行く予定でしたが、新潟の山の天気が良くなさそうだったため男体山に登ってきました。

二荒山神社(1280m)から男体山山頂(2484m)を往復しました。
朝7時過ぎに二荒山神社で入山受付をしたときには、既に120名程度が登っているそうでした。
その後下山までに多数の登山者と会いました。

1〜3合目は林の中を登り、4合目までは舗装路。5合目からは再び樹林帯、6合目以降は岩石の道を登りました。

9合目を過ぎて樹林帯を抜けると北西の冷たい風に吹かれ、服装を調節してから山頂周辺を散策。
食事をしてから下山しました。



はじめは林の中を登ります
DSC02551.jpg

次は林道
DSC02552.jpg

ツツジが咲いてました
DSC02556.jpg

この辺りから岩石が多くなります
DSC02562.jpg

中禅寺湖
DSC02563.jpg

山頂手前から風に吹かれながら登りました
DSC02576.jpg

たぶん皇海山方面
DSC02577.jpg

奥宮に参拝
DSC02587.jpg

日光白根さんは雲に覆われていました
DSC02589.jpg

関東平野
DSC02605.jpg

IMG_1920.jpg

袈裟丸山

■日付
 5月28日(日)
■メンバー
 きたづめ、かわらい、いしかわ、ばし(記)
■行程
 折場登山口 07:30 〜 小丸山 09:55 〜 前袈裟丸山 11:20 〜 昼食 〜 下山開始 12:20 〜 小丸山13:30 〜 折場登山口 15:20

アカヤシオの群生が有名な袈裟丸山ですが、開花のピークからは1週間程度遅れたようでした。
まばらでしたがツツジ、シャクナゲの花を見ながら前袈裟丸まで行ってきました。


折場登山口は駐車場が十数台程度で、到着時点で既に満杯だったため林道脇に駐車。
尾根を登りました。
DSC02496.jpg

ここは西側が開けていて袈裟丸山が見えるのですが、登り時点では視界がほとんどなく。
DSC02508.jpg

尾根沿い登山道は小川になっていました。
DSC02512.jpg

小丸山の先の避難小屋
DSC02527.jpg

シャクナゲ
DSC02535.jpg

ようやくガスが晴れてきました
DSC02539.jpg

ほとんど散っていますが桜も。
DSC02540.jpg

開花はこれからのようでした
DSC02543.jpg

晴天のもと下山しました
IMG_1893.jpg

IMG_1896.jpg

木曽駒敗退

2017/5/3,4
木曽駒ヶ岳 福島Bコース
木曽駒と言えば伊那側からの登山口を思い浮かべますが木曽側より攻めてみました。
この福島Bコースは2400m地点に避難小屋が有り1泊で行くのに丁度良いコースです。
無雪期は日帰りも可能の様です。
5/3
10時に登山口にいた長野遭対協の方に計画書を提出しコースの注意を受け出発。前
週末に頂上では40cm程度の降雪が有ったので雪崩に注意。との事。
5合目2100m付近で雪が深くなり先行1名の踏跡を辿るが北面故雪が締まっていないの
で踏み抜きながらの歩行。13時頃先行とすれ違う。麦草岳を目指すも踏み抜きがひどく
時間切れで戻ってきた。といっっていた。14時に避難小屋着。ストーブもある綺麗な小屋。DCIM2[N3668720E13915014T36C21DAFH04557A]
マキも用意してありました。冬山宴会登山に打って付けです。
2.jpg
2階建てで15名くらいはゆっくりできそうです。
まだ日も高いので小屋に備え付けの剣スコを借りて入口と冬季トイレ周辺の雪かきと通
路の確保を行う。その後ストーブに火を入れ水つくりをしていると麦草岳よりカップルが下
りてきた。ストーブを囲み暖かい小屋で山の話をしながら過ごす。

5/4
木曽駒へ行くルートは今シーズンの踏み跡もなくカールのトラバースが長く雪崩の心配も
有るので急遽麦草岳に転進。
3a.jpg
木曽駒は遥か彼方。
4a.jpg
御岳山
5.jpg
乗鞍岳
しばし静かな山頂を堪能し下山、小屋にデポしたシュラフを回収して10時に登山口着。
春山らしからぬ混雑と無縁の木曽駒北面登山道を満喫しました。
Y.A



プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-