木曽駒敗退

2017/5/3,4
木曽駒ヶ岳 福島Bコース
木曽駒と言えば伊那側からの登山口を思い浮かべますが木曽側より攻めてみました。
この福島Bコースは2400m地点に避難小屋が有り1泊で行くのに丁度良いコースです。
無雪期は日帰りも可能の様です。
5/3
10時に登山口にいた長野遭対協の方に計画書を提出しコースの注意を受け出発。前
週末に頂上では40cm程度の降雪が有ったので雪崩に注意。との事。
5合目2100m付近で雪が深くなり先行1名の踏跡を辿るが北面故雪が締まっていないの
で踏み抜きながらの歩行。13時頃先行とすれ違う。麦草岳を目指すも踏み抜きがひどく
時間切れで戻ってきた。といっっていた。14時に避難小屋着。ストーブもある綺麗な小屋。DCIM2[N3668720E13915014T36C21DAFH04557A]
マキも用意してありました。冬山宴会登山に打って付けです。
2.jpg
2階建てで15名くらいはゆっくりできそうです。
まだ日も高いので小屋に備え付けの剣スコを借りて入口と冬季トイレ周辺の雪かきと通
路の確保を行う。その後ストーブに火を入れ水つくりをしていると麦草岳よりカップルが下
りてきた。ストーブを囲み暖かい小屋で山の話をしながら過ごす。

5/4
木曽駒へ行くルートは今シーズンの踏み跡もなくカールのトラバースが長く雪崩の心配も
有るので急遽麦草岳に転進。
3a.jpg
木曽駒は遥か彼方。
4a.jpg
御岳山
5.jpg
乗鞍岳
しばし静かな山頂を堪能し下山、小屋にデポしたシュラフを回収して10時に登山口着。
春山らしからぬ混雑と無縁の木曽駒北面登山道を満喫しました。
Y.A



スポンサーサイト

岩櫃山

■日付
 4月30日(日)
■メンバー
 みた、きたづめ、かわらい、おぎの、いしかわ、はんだ、いしばし(記)
■行程
 岩櫃山平沢登山口 〜 沢通り〜 岩櫃山山頂 〜 密岩通り 〜 十二様通り 〜 尾根通り 〜 平沢登山口

群馬県吾妻にある岩櫃山に行ってきました。
昨年の大河ドラマの影響もあってか、山頂や岩櫃城本丸城址を目指す方がたくさんいました。

コースによっては鎖・ハシゴ通過の際に緊張を強いられる場面が多数ありました。
山頂からは周囲の景色を遮るものがなく、晴天だったこともあって良い景観でした。

新人の方3名を加え、笑いあり、涙ありの楽しい山行となりました。



9合目から山頂
DSC02302.jpg

パノラマ〜
DSC02313.jpg

9合目と山頂。山頂直下のくさりは特に高度感があった
DSC02329.jpg

花咲く季節になりました
IMG_1735.jpg

IMG_1736.jpg

窓明山荷上げ

2017年4月16日  (晴れ)

メンバー:Tamamizu

連休に坪入山、高幽山を計画するので窓明山山頂に荷物をデポして来た
保太橋沢から登り標高1000m付近から窓明山までシール登高で下山はツボ足だった

会津南 038
巽沢山の手前から撮った三岩岳

会津南 044
標高1500m付近から撮った窓明山

会津南 057
窓明山頂の手前から撮った三岩岳

会津南 059
窓明山頂から撮った坪入山、高幽山
山頂にガスだけデポする予定だったがスキーもデポして下山開始

会津南 061
三岩から来たスキー縦走のシュプールと私のツボ足

変な計画ですが南会津の山遊びは、これからも続きます

谷川岳 西黒尾根(3/20)

谷川岳 西黒尾根

■日付
 3月20日(日)
■メンバー
 川名、石橋(記)
■行程
 西黒尾根登山口 6:30 〜 ラクダの背付近 8:30 〜 悪天候のため下って停滞 〜 ザンゲ岩 11:45 〜 トマの耳 12:15 〜 14:30 西黒尾根登山口

登り始めの時点で強風のうえ森林限界以上の視界無く、天候の回復を期待しながら登りました。
樹林帯の終わりに到達した頃も天候は回復しなかったため下山を決定しましたが、少し下ったところで休憩していると風が弱まってきたため、再度山頂を目指すことにしました。

先行していた方がつくってくれたトレースを利用させていただいて、山頂に着くことができました。

樹林帯の雪庇は岩・樹木の生え際を歩く方が安全とのこと
.IMG_1467.jpg

強風のため休憩時にツェルトをかぶると、ツェルトが暴れてうるさいが寒くはない
IMG_1484.jpg

風が弱まったため登り始める
IMG_1491.jpg

晴天になるが、無風のため暑い
IMG_1503.jpg

ここ滑るのか...
IMG_1506.jpg

オキの耳には行かず
IMG_1508.jpg

下山開始
IMG_1521.jpg

見事な滑走:-)
IMG_1530.jpg

新人歓迎山行「鳴神山」

3月12日(日)晴れ メンバー:しょうこ、きみこ、恭子、三田(記)
2週間前に入会して頂いた、しょうこさん、きみこさんの歓迎山行をしました。
今日は天気も良くて、絶好の登山日和。今回は梅田町から鳴神山を登りました。
naru6.jpg
naru1.jpg
登山道入口の、今や希少な梅田の茶畑が和みます。沢沿いの登山道はとてもよく整備されており、歩き易かったです。
naru9.jpg
naru10.jpg
また、途中にあった滝がアクセントになりました。花の時期には早かったですが華があったので良しとしましょう。
naru7.jpg
naru5.jpg
頂上は見晴らしが良く周囲の雪山に春を感じました。入会された、しょうこさん、きみこさんには技術を得ながら年間通して山を楽しんでいただきたいと思います。早いもので恭子さんも入会して1年が経ち、先輩ぶりを発揮していただき、ありがとうございました。
naru8.jpg
今日は終始元気一杯、話しネタ一杯の3人に元気を分けてもらいました。お礼にお腹の贅肉を分けてあげたかったです。
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-