FC2ブログ

防災ヘリはるな

防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故という大変なニュースが飛び込んできました。
亡くなられた隊員もいるようです。
数多くの災害や山岳遭難の救助に出動しており、我々登山者の心強い味方でした。また、
毎年赤城青少年交流の家で行われている「山村地域での救命救急と救助技術シミュレーション」
の際には多忙な中デモンストレーションに飛来、体験搭乗をさせていただいた「はるな」です。
数年前には当会会員も滑落事故でお世話になっています。
現在捜索続行中ですがお亡くなりになられた隊員の方々のご冥福をお祈りします。
WS000002.jpg
群馬ヘリポートでのデモフライト写真です。
*捜索が完了しましたが9名全員の死亡が確認されました。
 改めてご冥福をおいのりします。
Y.A
スポンサーサイト

一ノ倉沢 南稜

期日5/27 メンバー金澤、原、中村(記)

念願の一ノ倉連れてってもらいました。
天候にも恵まれて快適なクライミングでした。
リードもやる事ができて良い経験と、なりまた一歩成長する事が出来ました。
20180527184148fdd.jpeg
20180527184316c1c.jpeg
20180527184325fee.jpeg
20180527184335773.jpeg
2018052718434283c.jpeg


次は稜線上抜けをしてみたいです。
ありがとうございました。

小中川支流弓ノ手沢遡行とアカヤシオの偵察

4月22日  晴れ
メンバー:カメラマン、K様、Tamamizu

袈裟丸山のアカヤシオ前線はどのあたりかなと思い、小中川支流の弓ノ手沢から遡行して
アカヤシオの咲いた場所を偵察して来ました。 


20180424193121c56.jpeg
腰まで浸水したが寒くなかった

20180424193125626.jpeg
シャワーを浴びる

201804241931246e9.jpeg
標高1250m付近のアカヤシオ

20180424193123f4a.jpeg
ここも同じ場所かも
調査結果
袈裟丸の賽ノ河原から小丸山がピンクに染まるのは、5月2日予定です

二子山中央稜


期日4/22
メンバー 松嶋、木村、中村(記)

二子山中央稜連れてってもらいました。
1ピッチ目リード中這い上がった瞬間、モモンガがいて目が合った瞬間飛び去って行きました。
3ピッチ目の核心のムーブを見つけるべくセカンドで色々やってみましたがやはりリードだと怖いなと思いました。岩慣れしてまた挑みたいです。
天気も良く快適なクライミングになりました。
201804222041390fe.jpeg


2018042220422799a.jpeg


20180422204311839.jpeg

雪山訓練

期日: 4月15日(日)
メンバー: 木村 金澤 松島 石川 石橋 岩井 北詰 久保 斎藤 中村 堀江 三田 溝口 津久井(記)

谷川岳指導センター(8時)〜マチガ沢(9時)〜駐車場(15時?)

前日リーダーの方々と数名山行でお疲れのところ小雨が降る寒い中、新人2名が加わり(私と溝口さん)雪山訓練を行って頂きました。
始め雪山の歩き方の基本でした、アイゼンは雪面が硬いところで着用ということを再認識しました。ピッケル を使った滑落停止は急斜面を前向き後ろ向きと変えながら滑り止まる訓練でした。ロープを使って中間支点をとった時の確保要領。ビーコン使用で遭難救助、雪洞の掘削の実践などを教えて頂きました。
みなさんが同じ所に集まりいろいろなことを共有出来た有意義な1日でした、寒い中ありがとうございました。

雪上をソールのグリップで歩く
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_410b.jpg

天候は小雨
小雨が降ってて山はガスってます。

滑落停止の練習
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4115.jpg

作戦会議中
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4118.jpg

雪上での確保
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4116.jpg

雪洞作り
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4117.jpg

プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-