鹿島槍ヶ岳 東尾根

5/2(火)~5/3(水)
メンバー:金澤、松島、木村、原(記)
行程:大谷原~東尾根~北峰・南峰~赤岩尾根~西沢~大谷原

晴天下!ルート独占状態で、とっても良い山行でした。

18198382_651981478329613_5808252721292648675_n.jpg
登山口の大谷原駐車場を6:00発。
駐車してある車は8台程度。本日発と思われるのは1パーティーだけで、思ったよりも空いていた。

18268097_651789808348780_3459214656560714534_n.jpg
一ノ沢ノ頭着が9:00位

18222201_651982461662848_2740585772199124427_n.jpg
下部では雪が落ち、所々では藪が露出していていた。

18199472_1274874065961844_4204391143715571564_n.jpg
二ノ沢ノ頭着が10:30位。晴天にテンションが上がるが・・・。

18274922_1337515893002125_2906263712573545374_n.jpg
雪面に脛から膝まで足が潜ってしまう。そして、足元が崩れていき一歩が重い・・・。

18275126_651982554996172_2636464085611441538_n.jpg
第一岩峰着が12:30位。
雪が腐りすぎて危険なため、登攀は明朝に持ち越すことにした。

18222074_651981708329590_5391268805707069354_n.jpg
明朝、出発は5:00位。
前日の腐れ雪とは違ってガッチガチ!

18275153_1337516486335399_643324040273569039_n.jpg
第一岩峰は雪に埋まり、フィックスロープを張って上がる。

18300915_1337516806335367_6622572597217122412_n.jpg
第二岩峰までは凍った斜面をひたすらエスケープ。

18199210_1337517319668649_7651751929246421276_n.jpg
第二岩峰着7:00位
第二岩峰は、ホールドがしっかりしていてあっさり。

18268270_1337517763001938_5430344558215055526_n.jpg
ピーク着9:30位。
後ろには劔岳。

18199242_1337517596335288_443910844119561829_n.jpg
下山路は冷池山荘経由の赤岩尾根。途中で西沢に降り、後半はシリセードで時間短縮。車に戻ったのは14:30だったような。
天気にも恵まれて、混雑もなく静かな山行を楽しむことができました。
スポンサーサイト

二子山中央稜

今回は、岩井くんと二子山中央稜に行ってきました!

2017年04月23日
8:30 中央稜取り付き
14:00 西岳山頂

メンバー
CL:七五三木
SL:岩井

1ピッチ目:七五三木
2ピッチ目:岩井
3ピッチ目:七五三木
4ピッチ目:岩井
5ピッチ目:七五三木

登り始め、ニコニコです!
登り始め、ニコニコです!

滑ると言いながら、笑顔な岩井くん!
1P目、滑ると言いながら笑顔な岩井くん!

岩井くん、ロープがたるたるだよ。。。
2P目、岩井くん、ロープタルタルだよ〜

今度はリードしてね!
3P目、今度は核心リードしてね♡

テラスでのんびり渋滞待ち
3P目上部の大テラス、渋滞待ち。。。

4P目
4P目、岩井くん2ピッチ繋げての登り! やる〜ぅ!!

やばいっ 落ちる?!!
4Pの途中の危機っ やばっ 落ちる?!!

余裕です!!
5P目、岩井くん余裕の表情!

登頂! 暑い!!
西岳登頂!!

下の上級者ルート、なめたらアカンぜよっ!
下の超上級ルート、岩井くん、なめたらアカンぜよ!!

かねて難しいピッチはなく、ボルトもしっかりしているので初心者向きのルート。最終Pはカムがあると安心かも。
この程度をしっかりの登れて、渋滞を横から登って回避したり、支点ボルトが既に使われている時にどこで支点が取れるかでスピッドアップにつながると思う。

お疲れ様でした〜!














































































テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

谷川岳東尾根

3月12日
メンバー:原、木村、金澤(記)、児玉
タイム:BP3:00~一ノ倉沢出合4:30~シンセンのコル6:10~オキノ耳11:00~西黒尾根~BP13:00

東尾根に行ってきました。渋滞にはまりたくなかったためBPを3時に出発しましたが、シンセンのコルに着くとすでに3パーティ7名が先行しており、第2岩峰の登りではロープを出すため1時間以上待つことになりました。その後は第1岩峰手前のクライムダウンで再びロープを出すことになり待ち時間が20分ほどありましたがその他は順調にいきました。
これ以上ない天気に恵まれ、谷川岳を満喫できました。
P3121945_R_R.jpg
17264721_1217831194999465_4877145531215977088_n_R.jpg
P3121946_R_R.jpg

一ノ倉沢本谷2ルンゼ

10月16日(日)
金澤、原、木村(記)
BP~南稜テラス(7:00)ド~2ルンゼ~ザッテル(12:40)~広河原~Cルンゼ~国境稜線(16:10)~西黒尾根~BP(18:20)

秋晴れの下、2ルンゼに行ってきました。
久しぶりの好天で待ちわびたクライマーで出会い駐車場はテントの花が咲き乱れていましたが、我々とダブるグループは無く自分達のペースで楽しめました。

2ルンゼは最終のザッテルまでの1ピッチを木村が担当した以外はすべて金澤さんが担当。
ヌルヌル、ボロボロのルートを淀みなく登っていく技術は確かで見入ってしまいました。

広河原から国境稜線までは確保なし。
しかし急傾斜の滑る草付きと滑った岩場で気を抜けません。
登山道手前の1Pが非常に悪くここだけロープを出し少しの藪を漕いで登山道に出る事ができました。
明るいうちに歩き出しましたが途中で日没、久しぶりのヘッデン下山となりました。

地理的に一日中日陰になり陰湿、岩も風化が進んでいて個人的にはキツかったですが結果的には楽しい登攀となりました。


2ルンゼ
DSC_0006_convert_20161018160621.jpg

本谷バンド
DSC_0007_convert_20161018160637.jpg

前回の東南陵に引き続きヌメヌメなルンゼです。
さらにホールドが脆く何度もヒヤッとしました。
DSC_0012_convert_20161018162946.jpg

DSC_0021_convert_20161018160653.jpg

Aルンゼ
DSC_0034_convert_20161018160724.jpg

懸垂にて広河原へ
DSC_0033_convert_20161018160709.jpg

Cルンゼから国境稜線へ
DSC_0035_convert_20161018160529.jpg


マチガ沢/本谷〜東南稜

H28.10.2(日)
メンバー:金澤、某氏、木村(記)
谷川岳BP(5:50)〜マチガ沢出合(6:15)〜本谷・東南稜〜登山道直下(12:00)〜一般登山道経由、谷川岳BP(14:30)
1P(金澤)2P(某氏)3P(木村)

クライミング遠征の予定でしたが天気がパッとせず断念。
ならば地元、谷川岳にしようという事になり前々から聞かされていた東南稜に。

先行で3パーティー程入っていましたが四ノ沢までに抜かさせて頂き一番で入りました。
1P〜2P目はヌルヌルで個人的には今季一番の悪条件。
フォローの安心感はどこへやら...悪態つきながら何でもありで全身泥だらけになりながらも必死に攀じ登りました。
その後、国境稜線まで出て登山道にて下山。

ヌルヌルの凹角の事は聞いていました。
経験不足とはいえ、これ程キモを冷やしたのは久しぶりです。
次回があればもう少しスマートに登れるよう頑張りたいものです。

DSC_0004_convert_20161003204546.jpg

DSC_0007_convert_20161003204633.jpg

DSC_0011_convert_20161003204730.jpg

DSC_0012_convert_20161003204802.jpg

DSC_0019_convert_20161003204822.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-