FC2ブログ

八ヶ岳 中山尾根

2020/02/22(土)~24(月)
金澤、松嶋、伊勢田、ばし(記)

赤岳鉱泉をベースに、アイスクライミングとアルパインクライミングに行ってきました。

[2/22] 赤岩の氷柱
 ばしにとっては過去最重量の荷物を背負って赤岳鉱泉へ。
 
 テント設営後、北沢を戻って赤岩の氷柱へ行きました。
 氷の状態は悪く、特に滝の落ち口は氷が薄くリードが困難だったため、左岸から巻いてトップロープをかけて登りました。

[2/23] 摩利支天大滝
 ゆっくりスタートだったため、滝に到着したときには先行パーティが登っていました。
 空いているラインを1回登り、後続も来たため帰還しました。

 赤岳鉱泉着くと赤岳登山のため入山した川名さん津久井さん赤木さんと会うことができました。

[2/24] 中山尾根
 前日に数パーティ入っていたようで、下部岩壁の取り付きまでトレースがしっかりできていました。
 2/22の降雪で20cmくらいの積雪があったため、トレースには大変助けられました。

 明るくなる頃に取り付きに到着し、装備を整えて登攀開始。

 ばしは1ピッチ目リードでハングらしきところを必死で通過。
 あとで聞くとハングは右から巻けるとのこと。相変わらずルートファインディングが課題でした。
 
 上部岩壁のハングも緊張しましたが、チムニー状だったため高度感がそれほどなく助かりました。

 終始快晴の下、風もほどほどに、直近の降雪の影響も特になく快適なクライミングが楽しめました。


赤岩の氷柱。右の滝をトップロープで登りました。落ち口はハングらしきムーブになりました。
87579881_860307584413619_3438363359034998784_n.jpg

中山尾根下部岩壁。三角状の岩が2つ並んでいる、左側を登ります。
85121018_2934912999958889_3626303139268788224_n.jpg

上部岩壁。尾根の頂点から右少しにそれた凹角を登ります。
87879365_2934913099958879_4268272442167787520_n.jpg

ここでクライミング終了。良い景色でした。
87363627_860309107746800_8211426910979227648_n.jpg

行者小屋から中山尾根ルートがよく見えました。
87390143_860309207746790_1141910307971530752_n.jpg
スポンサーサイト



八ヶ岳アルパイン&アイス

1月2日~4日
メンバー 金澤、松嶋、石橋、伊勢田(記)

お正月は赤岳鉱泉にベースを張って初級のアルパイン&アイスクライミングに
連れて行っていただきました。

初日:石尊稜
8:30鉱泉~10:00取り付き~13:30登山道~16:00鉱泉
晴れていましたが風が強くしびれました。

2日目:天候不良のためアイスクライミング練習(裏同心ルンゼ、峰の松目沢途中まで)
簡単なところでリードの練習をさせてもらいました。
途中トップロープを張って氷柱で遊びました。

3日目:小同心クラック
6:00鉱泉~8:00取り付き~11:00横岳山頂~13:00鉱泉
アプローチもクライミングも天候とタイミング次第で全く違うことがわかりました。
寒さと風との戦いの末山頂に到達できたときはただただほっとしました。

冬山は総合力が試されると改めて感じました。
私は途中で寒さに負けそうになりましたが先輩方に助けていただき
なんとか山行を完遂することができました。
これから少しずつ経験を重ねて強くなっていきたいと思います。

R81028830_821342334976811_256498096911941632_n.jpg

R81374416_821342468310131_2683173259310006272_n.jpg

R81167242_2823888217728035_2397989479555006464_n.jpg

R81434930_2823889194394604_5511634709509046272_n.jpg

赤岳

2019/12/21(土)
金澤、伊勢田、ばし(記)

赤岳山荘 5:15 - 行者小屋 7:05 - 赤岳 11:40 - 赤岳山荘 - 14:20

冬季アルパインの入門として赤岳に登ってきました。
天候は終始晴れ。積雪も少なく登りやすい条件でした。

パーティ3名でリードを交代しながら登りました。


行者小屋で沼田山岳会のSさんにばったり遭遇。
FB_IMG_1577870118214.jpg

雪で埋まっていなかったため最初はくぐりました
FB_IMG_1577869860261.jpg

八ヶ岳ブルー
FB_IMG_1577870259601.jpg

下山は地蔵尾根から
FB_IMG_1577870337204.jpg

瑞牆山

10月9日
メンバー:S藤、ムスナー(沼田)、金澤(記)

瑞牆の調和の幻想とJoyful Momentを登ってきました。
当初の計画は一ノ倉の二ノ沢に行く予定でしたが、雨天のため瑞牆山に変更し、結果は充実したクライミングとなりました。

瑞牆ビギナーの自分としては調和の幻想は手応え充分で、登攀中は怖さと楽しさが拮抗した感覚でしたが、登攀を終了した直後にはまた登りたい願望でいっぱいになりました。


駐車場の広場より

PA091606_R.jpg
Joyful Moment

PA091617_R.jpg
調和の幻想1P目

PA091626_R.jpg
調和の幻想5P目

また行きたいです!

マチガ沢東南稜

10月6日
メンバー 金澤、根津、飯島、伊勢田(記)
天気 曇り時々霧
コースタイム
ベースプラザ5:00→東南稜取り付き11:20→終了点13:00→稜線15:00→ベースプラザ17:00

最近入会された根津さん、飯島さんの歓迎山行でマチガ沢東南稜へ行ってきました!
お二人ともアルパインクライミング経験者でアプローチもクライミングも難なくこなされていましたが「この天気で行くの?」ってとこだけは驚きだったようです。そしてそれは私もでした!

アプローチは厳剛新道で見晴らし台まで登り踏み跡を下り本谷へ。
沢を登り取り付きに向かいます。
始めはアプローチシューズをぬらさないぞ!っと気を付けて歩いていましたが気付いたら服も靴もずぶ濡れでした。
ロープを使わずに不安定なところを歩くのはまだまだ難儀ですが少しはマシになってきたようです♪
おだてられて気を良くして沢登りに来たのかクライミングに来たのか良く分からなくなってきた頃ようやく取り付きに到着。
クライミングは4ピッチ。リードは金澤さんと根津さん。
こんな天気でしたが後続も1組追い付いてきました。
ぬるぬる&ツルツルの岩はフォローでもひやひやで残置スリング駆使してなんとか登り切りました。
終了点から稜線はいつもみたく藪を漕がなくて済んだのが有難かったです。
帰りはお財布事情に合わせて西黒尾根と天神尾根を下りました。
アルパイン経験浅い自分にとってはハードでディープな痺れる山行でした。
根津さん、飯島さん、これからどうぞよろしくお願いいたします!

こんな日が差す時間もあったのですが。。
1_PA064281.jpg

マチガ沢は美しい沢。
2_71905169_2452014078218962_1760842767799418880_o.jpg

あれ、沢登りに来たんでしたっけ。
3_71556680_10157771577902340_2184049925816320000_n.jpg

ここ、行く??
4_PA064282.jpg

結局右側から巻き、ロープ出してもらいました。
5_PA064287.jpg

6_72699535_2452017544885282_8101501079918739456_o.jpg

7_PA064289.jpg

1P
8_PA064290.jpg

9_71576020_10157771571767340_7981837235148292096_n.jpg

ヌメヌメでした!
10_71656166_2452019764885060_8255492485162205184_o.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-