FC2ブログ

あぶみ練

7月26日
メンバー:金澤、堀江、石橋、伊勢田

雨降る中仕方なく太田をAM3:30に出発。

現地駐車場に到着も降りしきる雨の中誰も動き出そうとしない。

一人が重い腰をようやくあげると、他の3人もやっぱり行くのかと苦悩の表情を見せながら車から出る。

でも今日はカチもガバもスメアもない、岩がどんなに濡れていようが関係のない日。

普段禁止されている動作が全て許される、誰の目も気にすることのない、正々堂々と掴んで乗れる人工登攀の練習です。

P7261962_R.jpg
もちろんビッチャビチャ。半端ないハング。

P7261964_R.jpg
これを設営できなければ早々に敗退したかも。
スポンサーサイト



松木ジャンダルム

7/12 日曜 晴れ

玉水、松嶋、飯島、S君、石川(記)

2段チムニーからの右ルート5ピッチ
左ルート5ピッチ 

前回の反省をふまえ、十分安全に考慮し、声掛け、確認を、お互い注意しながら登りました。
久々の青空で、色々勉強になり、とてもいい一日になりました。
ご一緒いただいた皆様、ご指導いただいた会の皆様、ありがとうございました。

line_274533926286563.jpg
line_274193196679037.jpg
line_195972038154814.jpg













    

松木沢ジャンダルム中央壁左ルート

2020/7/12(日)
金澤、伊勢田、ばし(記)

目的のジャンダルム中央壁左ルートの取り付きが見つからない。
と、右往左往しながらてきとうに中央壁頂上まで登り、右ルンゼを下降。
右ルンゼは想像していたよりもガレ場が多く落石に注意が必要でした。

右壁下部に着くと、当山岳会のチームに会えたので、
中央壁左ルートの取り付きの目印「スイカの木」を教えてもらい、再度左ルートへ向かいました。

無事取り付きが見つり、登攀開始。
1ピッチ目はハングしたクラックを右上。右壁のホールド・スタンスが重要そうでした
2・3ピッチ目は雨に降られながらスラブを直上
4ピッチ目大スラブの易しそうなクラックを登り
5ピッチ目はコブシ岩の下のバンドへ
最後はコブシ岩の右カンテを登りましたが、垂壁で良いホールドが少なく、フォローでも苦労しました。

右ルンゼから下降後はリングボルトのルートでアブミの練習をしました

1ピッチ目
IMG_20200712_094454.jpg

最終ピッチ
IMG_20200712_130737.jpg

積乱雲と青い空がとてもきれいでした。
IMG_20200712_132743.jpg

松木ジャンダルム

7月5日(日)
メンバー:玉水、赤木、石川、飯島、OB 長澤、会外3名、松島
ガンガラシバナに向けた練習と顔合わせのため、足尾のジャンダルムを計画していただきました。
アルパインの経験浅いメンバーが多かったのですが、松木ジャンダルム経験者 2名に案内を兼ねてリードしてもらい
全員無事に楽しく登ることができました。
初めに声合わせ、登り方の確認を行い、
先発チームは、4名 1-2-1で 正面ルンゼ・左カンテ・ニャンパラリンルート
後発チームは、5名 1-2-2で 2段チムニー・ニャンパラリンルート 
午後は、フリーのスラブ すべってころんで 5.8 と スラック下部5.7
すべて、ガンガラの良い練習になりました。

松木ジャンダルム
20200705 _1_200708

1ピッチ目スタート
20200705 _1_200708_0

20200705 _1_200708_2

みんなでスラブ!
20200705 _1_200708_3



松木沢ジャンダルム中央壁 中央ルンゼ

7/5(日) 金澤、石橋、伊勢田(記)
5:30 銅親水公園~ 7:30 取り付き~ 10:00 終了点~ 11:30 中倉山~13:00 銅親水公園

クライミングと歩行訓練を兼ね、ジャンダルムから中倉山へ抜けました。
アプローチの渡渉はやや流れが強いもののロープのお陰でなんとか渡れました。
岩壁を見上げ、時々踏み跡を外しながらも、無事右壁の取り付きから
トラバースして中央壁の取り付きへ。
中央ルンゼは前日までの雨によりところどころ湿っています。

初見ということもあり、短めに区切りながらの登攀となりました。
1P目は木々を越え傾斜が強くなる手前まで。
2P目は湿った岩を越えるところが難しい。
3P目は快適なスラブ、4P目はクラックから解放感のあるテラス。
ここまで来ると上へ抜ける踏み跡も見えますが折角なので短い5P目を経てコブシ岩の頂まで。

コブシ岩からは会の別パーティーが右壁を登攀しているのが見えました。
ここからはガレ場を登り中倉山を目指します。
久々に歩くため結構バテました。
中倉山からはブナはパスして登山道を下山しました。

クライミング中も、中倉山までの歩きも、浮石やガレ場が多いため落石に注意が必要でした。
他ルートの偵察もできたので、機会があればまた行きたいです。

取り付きから
FB_IMG_1594032622329.jpg

1P
FB_IMG_1594032693398.jpg

3P
FB_IMG_1594032657516.jpg

中倉山までの登り
FB_IMG_1594032673011.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-