FC2ブログ

そうよ そうなの 遭難よ!

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会では、減遭難キャンペーン「ストップ・ザ・1000」の啓発活動の一環として音声入りアニメ動画『そうよ そうなの 遭難よ!』を作成しました。多くの一般登山者に拡散していただき、登山者みんなで山の遭難事故を減らしていきましょう。ご協力ください。視聴:約2分30秒
WS000000s.jpg

下記にてご覧ください。(YouTubeに移動します)
そうよ そうなの 遭難よ!
スポンサーサイト



越後駒ヶ岳 BCスキー 

4月4日(土) 晴れ  石橋、堀江(記)

石抱橋 6:40 ~ 山頂 12:15 ~ 石抱橋 16:10

太田市を3時に出発し、 奥只見シルバーライン入り口に5時15分到着。
ゲートが開いていいなかったため、6時まで仮眠。
石抱橋に着くと、木村さんたちと遭遇し、抜きつ抜かれるつのBCスキーになりました。
ただ、木村さんからは、BCスキーのワンポイントアドバイスも頂き大変参考になりました。
ありがとうございました。

DSC_0321_convert_20200409001339.jpg


DSC_0327_convert_20200409000600.jpg

FB_IMG_1586355324957_convert_20200409000759.jpg


OB&現役合同山行

2020年3月22日  山頂 雪  途中 雨  ゲレンデ 晴れ  前橋 25度

太田山岳会のOB会及び現役で年に一度の合同山行を玉原高原で開催しました。
メンバーはOB会員7名、現役4名と会外4名の総勢15名で活動した。
玉原スキーパークにてOB会の岡田リーダー様から行動内容や計画の指示を受けた
おかげで全員が目標の獅子ヶ鼻山の登頂が出来ました。
それと総隊長の生田さんの実績や人柄、指示力と生き字引と語れる立派な方で生田
さんからアドバイスされた方々は大変感動を受けてました。
       ありがとうOB会員様

だ獅子 009

隊列が整ってます
だ獅子 017

痩尾根
だ獅子 026

獅子ヶ鼻山から下山中
だ獅子 033
 
後続隊の先頭ほ鹿山さんです
だ獅子 037

昼休みの風景
15名が決められた時間内での昼休み
だ獅子 041

楽しく生田さんのアドバイスを受けて無事に下山出来ました

Naeba

3/21(Sat)
メンバー 金澤、松嶋、石橋、伊勢田(記)
7:00 駐車場 12:00 山頂 15:30 駐車場

登りは終始先行パーティーのトレースを辿らせていただきました。
(先行パーティーの方々、ありがとうございました。)

三合目で一旦林道へ。トイレは雪に埋まっています。
九合目で板を外してアイゼンを付け頂上へ上がりました。
頂上は広々していて妙高・火打も良く見えました。
九合目まで再びアイゼンで下り、そこから滑走開始。
沢を渡れるか不安でしたが最後までほぼ滑って降りることができました。

念願の苗場山に登れて良かったです。

90491993_878629049248139_5762537426106974208_nnaeba.jpg

90223323_878629092581468_6173357992931491840_nnaeba.jpg

広い山頂。夏も来てみたいです。
90718798_2993023297481192_9018377796187062272_nnaeba.jpg

芝倉沢

2020/03/15(日)
金澤、松嶋、堀江、伊勢田、ばし(記)
天神平 8:00 ~ トマの耳 10:20 ~ 一ノ倉岳 11:30 ~ 芝倉沢滑走 ~ ベースプラザ 15:15

ロープウェイで天神平まで上がると雪が降っていました。
天神尾根はスキーを担いで登り、最後までシール登行しませんでした。

一ノ倉岳の直下で予報通り晴れ。
素晴らしい景色が見えて、筆者はこの時点で満足しました。

一ノ倉岳と茂倉岳の中間からドロップし、芝倉沢を滑走。
途中291号線と交差するところで、トレースに沿ってトラバース開始。
その後湯檜曽川沿いを何度か渡渉して下山しました。


雲が晴れたら絶景でした
FB_IMG_1584700830097.jpg

FB_IMG_1584700739534.jpg

FB_IMG_1584700815256.jpg

FB_IMG_1584701056606.jpg

FB_IMG_1584701102293.jpg

デブリよけて滑るのはとても難しいです
FB_IMG_1584700490525.jpg

IMG_20200315_150418.jpg

巻機山

3/8(日)
メンバー 玉水、松嶋、石川、金澤、伊勢田(記)
清水 7時~ 巻機山 12時~ 清水 15時

井戸の壁と前巻機山直下のガリガリ部分は板を外して上がりました。
それ以外は快適にシール登高できました。
数日前に降った雪が適度に残っていてとても気持ち良く滑れました。
井戸の壁の下りは苦戦しました。
練習してまた行きたいです。

1584355458320maki1.jpg

阿寺山

2020/03/07(土)
金澤、堀江、伊勢田、ばし(記)

駐車場 6:50 ~ 山頂 11:00 ~ 駐車場 13:50

駐車場から山頂までの約1100mの登りのうち大半が急な登りで、尾根の取り付きと中間部あたりで
スキーを担いで登る場面もありました。
ただし、トレースがしっかりしていたのでラッセルはありませんでした。

山頂直下は緩い斜面で筆者にも楽しめました。
その後は急な斜面が続きますが、急斜面がまともに滑れない筆者はかなり時間をかけて下りました。
急な斜面を滑る練習が必要です :-(


取り付きから厳しい
IMG_20200307_072459.jpg

わりと急な斜面をジグザグ登りました。新雪20㎝の下に時折ガリガリな面がありました。
IMG_20200307_091755.jpg

山頂付近はとっても解放感ありました
FB_IMG_1583934519062.jpg

八海山
IMG_20200307_110712.jpg

こっちもよい景色
IMG_20200307_110731.jpg

筆者にとっては、ここのあたりまでは楽しく滑れました
IMG_20200307_120241.jpg

北八ヶ岳 天狗岳

2020.3.6
メンバー:原
みどり池入口7:20~しらびそ小屋8:30~東天狗10:40~西天狗11:00~みどり池入口13:00

平日だったため、みどり池入口の空きスペースに駐車できました。車の様子から全車が前日入山の小屋泊りのようで、トレースから一人だけ本日入山のよう。そのトレースのおかげで助かりました。

泊まりたい山小屋ですが、残念ながら登山口から近すぎます。小動物を探したらリスが2匹いました。
IMG_5831.jpg

東天狗からの浅間山方面。
IMG_5845.jpg

西天狗からの硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳。中岳が可愛らしい。
IMG_5849.jpg

北アルプスも一望できました。
IMG_5851.jpg

下山途中に某有名登山家だと思われる方とすれちがった。
まともな挨拶は返してもらえなかったが、アバラコフとサングラスの間からのほっぺたがそっくりだった。
もし本物だったら、これもいい思い出です。

平標山

2/29 平標山
メンバー 金澤、石橋、伊勢田(記)
7:00 登山口 10:30 平標山 13:00 登山口

快晴の下、山スキー始め。
快適に登って滑って来れました。
今シーズンもしっかり練習します!

DSC_0060 2

八ヶ岳 赤岳

2月23,24日 八ヶ岳 赤岳
メンバー 川名、津久井、赤木(記)

念願だった冬の赤岳に行ってきました。しかも初の冬テント泊、川名さんに色々教えて頂き、大変勉強になりました。
1日目は赤岳山荘を出発して赤岳鉱泉まで。テントを張った後、アイスキャンディーで遊ぼうと思ったら、3連休でしかも半分の面が整備中で混雑のため締め切りとのこと。暫く待っていたら、辞めるパーティーがいて、何とか1時間強出来ました。
夕刻、テント内でのお酒+夕飯を済ませ(不注意でお酒をこぼしてしまいました、川名さん、大変済みませんでした)、就寝。私は冬用シュラフを持っていなかったため、3シーズン用シュラフx2重+上下ダウンジャケット+テントシューズ&カイロでのぞみましたが、全く寒さも感じず寝ることができました。
翌朝起床し朝食後、6時20分ごろからスタート。文三郎尾根から樹林帯を越え、雪の急登。岩の稜線に出る手前から時折冷たい強風が吹くようになってきました。徐々に雪は少なくなり、岩と一部氷の道に変わって行きました。アイゼンで岩を登るのは歩きにくかったですが、徐々にコツをつかんできました。人が多く、すれ違いに注意しながら登り、南面の稜線にでると、太陽が当たり、急に温かみを感じました。程なく赤岳頂上に到着。雲一つない快晴で、富士山、北、中央、南アルプス、浅間など360度の展望を堪能することができました。
赤岳展望荘横で昼食後、地蔵尾根を下山し、一時間ほどで赤岳鉱泉のテント場まで戻りました。急ではありましたが、岩が出ていない雪の着いた道だったため、降りやすかったです。テント回収し、14:00前に車を置いた赤岳山荘まで戻ることができました。
初の冬季赤岳、テント泊でしたが、天候にも恵まれ、充実した山行となりました。

富士山くっきり
富士山くっきり

南アルプス
南アルプス

蓼科と北アルプス
蓼科と北アルプス

頂上にて
頂上にて
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-