独鈷山

期日 :2月18日
参加者:桜井、岡田、木部、やまもと、生田(記)

OB会月例で上田市の独鈷山に行ってきました、R254を三才山トンネル方面に向かうと右に見える山です。

続きを読む

スポンサーサイト

足尾 松木沢 黒沢 アイスクライミング


2018年2月18日

メンバー 金澤、中村(記)

黒沢ルート連れてってもらいました。
前日からの雪で真っ白の足尾、踏み跡もなく自分たちが最初でした。天候が悪くラッセルしつつ当初の予定であるウメコバ沢に辿り着きF1、F2が雪が付いてる。F1取り付きを試みるも雪で埋まっている為、危険と判断して黒沢に変更しました。黒沢のF1は雪で埋まっているためF2から順調にスタートしF4では初リードをしました。
スクリューを入れ方、位置の見極めを練習をしようと思ったリードでしたし天候が悪い中でのアイスクライミングだったので勉強になることの多い充実した1日でした。

湯川の氷柱

2018年2月11日

メンバー:金澤、松嶋、木村、中村、岩井(記)

湯川の氷柱を登りに行ってきました。

スタートは乱菊の氷柱から。
氷柱上部の林道にあるガードレール、
また、その近辺にある立木を使いトップロープを張りました。
氷は登り始めの頃はしっかり凍っていましたが、
氷柱上部には常に日が当たっており、お昼前には上部が緩々。
登っていたすぐ近くの氷柱が崩落するなど続けるのが危険な状態
となったため、午前中で白髪エリアへ移動しました。

白髪エリアはかなり混み合っており、初めは短い微妙なルートしか
空いていませんでしたが、15時を過ぎたあたりから
空きはじめ、色々なルートを楽しむことが出来ました。

まだまだ足にうまく乗れず、パンプと戦う登り方になってしまっているため
省エネで登れるようさらに練習していきたいと思いました。

乱菊の氷柱
IMG_3826.jpg

IMG_3837.jpg

IMG_3855.jpg

白髪エリア
IMG_3860.jpg

IMG_3862.jpg

IMG_3878.jpg

IMG_3866.jpg

相沢奥壁の氷柱・エイプリルフールの滝

2018年2月3日

メンバー:金澤、松嶋、木村、岩井(記)

相沢奥壁の氷柱、エイプリルフールの滝に行ってきました。
奥壁の氷柱はばっちり凍ってはいましたが、右側から登るルートの上部と
左側のバーチカルなルートでは水が少し流れている状態で、先輩方には
びしょびしょになりながらトップロープを張っていただきました。

自分は左側のバーチカルなルートを登りましたが
1/3程度登ったあたりからシャワークライミングのような状態で
アイゼンが外れるなどのトラブルもありトップアウトできませんでした。

奥壁を左に回り込んだところにあるエイプリルフールの滝では
ルート上3Pになっていましたが、1P目でトップロープを張りました。
氷は奥壁よりも硬く、傾斜もよりきついため、パンプの連続でしたが
登り応えのある楽しいルートでした。

この傾斜をリードできる先輩方のようになれるよう
これからさらに練習していきたいと感じました。

奥壁の氷柱
IMG_3795.jpg

IMG_3803.png
シャワーを浴びながらのクライミング
IMG_3810.jpg
エイプリルフールの滝
IMG_3811.jpg

IMG_3799.jpg

IMG_3812.jpg

大平山南東尾根

2018年2月4日  晴れ

メンバー:石川、宇都宮のK様、Tamamizu

昨年の2月にOB会の大平山南東尾根に参加したが、雪の多さに負けて標高1700m付近で敗退しました。
今回の再計画は、昨年より雪が多い事を想定してスキーを持って行った。

銅親水公園 6時50分発~大平山12時30分到着 12時50分下山~銅親水公園16時30分着

雪山新人の石川さんに、石川さんをサポートするK様と私でスタートした。松木川沿いに在る
みちくさでキツネ様にお迎えして頂きました。大ナギ沢出合いから南東尾根に取り付く、標高
1650m付近でスキーとスノーシューをデポする。(雪が少ないので)バテバテの石川さんは山頂でダウン。
アイゼンを着けて下山したが、石川さんの滑落が数回発生した。K様のサポートで無事に下山出来
ました。

20180206075613c8b.jpeg
みちくさでキツネが、御向い

20180206075713a7a.jpeg
キツネと遊ぶ

20180206082557d68.jpeg
南東尾根から撮った中倉尾根

20180206201954f32.jpeg
雪が無いので標高1650m付近でスキーとスノーシューをデポする

20180206075849e6a.jpeg
標高1805mのピークの先

2018020607593809a.jpeg
標高1900mに荷物を置いて大平山を目指す
私のトレース以外は鹿様の踏み後

20180206083908b76.jpeg
石川さんダウン

201802060936175ac.jpeg
全員が大平山山頂に到着

20180206084922502.jpeg
下山の途中

K様サポートありがとうございました。
石川さんは無事下山出来てお疲れさまでした。

赤岳


期日2/4

メンバー 中村(記)、会外1人

美濃戸口から赤岳行ってきました。
天気が良く暖かい日で行者小屋まではすんなりと行きました 。地蔵尾根を登ってるときは風が強くガスっていましたが山頂前で晴れてそのまま山頂でも良い景色を見れました。良い日でした〜

松木 黒沢

1月29日 
メンバー:川名、入江、松嶋

寒波で冷え込んだ後の黒沢に行ってきました。
冷え込んだおかげで氷は程よく硬く、よい状態でした。
他のパーティもなく貸し切り状態、青空も見え風もなく、2~4ピッチをのんびり登ってきました。
3ピッチ目の下降でロープが抜けず、登り返しをしましたが、良い勉強になりました。
快適な黒沢でした!

F2
CIMG4105.jpg

F3
CIMG4119.jpg

なめねこフォール

1月28日
メンバー:松嶋、木村、中村、金澤(記)

なめねこフォールに行ってきました。
当初は相沢、エイプリルフールのつもりでしたが、前週の降雪により登山口直前の林道が心配だったので、除雪が確実なカブコロンへ変更としました。
ところが、カブコロンは下までつながっておらず地上1.5mぐらいで氷が終わっていたため、そのまま素通りしなめねこへ転進となりました。

見た目では傾斜がゆるく高低差も短く感じるところであり、今年は簡単に登れるんではないかと思ったりしましたが、登ってみると氷は硬く高低差も30m以上あり、やっぱり楽ではありませんでした。


黒沢アイス

1月23日
メンバー:原、金澤(記)

南岸低気圧の降雪直後でしたのでアプローチはいつもより時間がかかり、氷はほぼ雪で覆われており雪を払いながらのクライミングでしたが、ほどほど楽しむことができました。F3からF4までのラッセルがきつかったです。


黒沢アイス

1月20日
メンバー:木村、岩井、金澤(記)

黒沢に行ってきました。
先週の雨と高い気温のため、F2は水が流れグサグサ、F3は幅がいつもの半分、F4もグサグサでした。
ちなみに夏小屋沢は水が滴れ、リードする気にはなれない状態だったそうです。

DSC_0305-432x768_R.jpg
プロフィール

太田山岳会

Author:太田山岳会
群馬県太田市に拠点をおく山岳会です。
人生を楽しむために、笑顔で山に登ろう!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-